農業交流ネットワークの日々の活動内容について綴っていきます。


by noko-n

すぐきの早朝見学

こんばんは、次期会計になりました1回生の丸山です。今回の活動はすぐきの早朝見学です!

メンバー:木下(OG)、木下(OG)の母とその友人、荒川(M1)、東(工4)、武井(農4)、長谷川(農4)、平田(工4)、青木(農3)、菅野(農3)、柴田(農2)、中村(農2)、井上(工1)、尾風(農1)、日下(農1)、佐竹(総人1)、田島(農1)、原(農1)、藤田(農1)、丸山(農1)

みなさん”すぐき”をご存知でしょうか?僕はすぐきの皮むきに初参加するまで知りませんでした...
すぐきは柴漬けや千枚漬けと合わせて京都の三大漬物と呼ばれているのだそうです。今回はそのすぐきの作業工程を見学させていただきました。

最初に”あらい”という作業を見学しました。ここでは前日に田鶴さん方とネッターが皮をむいて1日塩で漬けておいたすぐきをきれいに洗ってサイズ分けをしていました。
f0142721_23352962.jpg

続いて、このあらいを終えたすぐきを小樽にいれて乳酸菌発酵させる過程を見学しました。5日間で3回すぐきを新しく入れて、木の棒と重しで圧力をかけて水分を抜き、塩によりできるだけ乳酸菌のみを発酵させているそうです。この乳酸菌、すぐきの葉にいるそうです。
また、この重しでてこの原理から100キログラムくらいの重しを乗せているのに等しくなるらしく、すぐきもぺちゃんこになるそうです。
f0142721_23480171.jpg
f0142721_23475759.jpg
ここまでは今年は荒川さんが過不足のない完璧な説明をしてくださり、6時過ぎに大石さんが到着。ここから大石さんと一緒に室に案内していただきました。そして企業秘密のため普段は誰にも見せないその室の内部の様子を、今回特別に見させていただきました。企業秘密なんで写真はもちろんありません(笑)。

その後はすぐきの皮むきをしました。僕は3回目だったのですが、日下と何かに憑かれたように一心にすぐきの皮むきをしていました。
f0142721_23554425.jpg
作業が一段落すると、みんなで朝食タイムです。カレーもおでんも美味しく、すぐきも食べられて嬉しかったです!それにしても朝食タイムといい皮むき中と言い、大石さんをはじめとしてみなさん恋愛話が大好きなようで、そんな話しかなかったような気がします。今、農交ネットには悲しみの風が吹いているそうな、、、

最後に出荷準備の手伝いをさせていただきました。木の小樽からプラスチックの容器に移して、重さをはかる作業です。本当にすぐきがぺちゃんこになっていました。
f0142721_00092097.jpg
f0142721_00091533.jpg
今回は人数が多くて、たくさんの先輩方との訪問だったので、騒がしく楽しい訪問でした!

最後になりましたが大石さん、山中さん、田鶴さん一家の皆さん、本当にありがとうございました!


[PR]
Commented by noko-n at 2017-12-11 13:07
いいブログだ

すぐきに憑かれた人より
by noko-n | 2017-12-11 00:21 | 京都の農家さん | Comments(1)