農業交流ネットワークの日々の活動内容について綴っていきます。


by noko-n

<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

過去の農交ネッター出演番組のビデオ視聴会やるそうですね。
6/9(土)18:30から約1時間とか。

勝手に候補リスト
・新婚さん(これは言わなくても入ってそうですが)
・情熱大陸(樋口さん出演)
・NHKの特別番組(農交ネット数名出演)
・SASUKE
・笑っていいとも!
・映画「パッチギ!」

う~ん、どう考えても1時間では終わりませんね。

ちなみに、「渡る世間は鬼ばかり」には出演していないのでお間違いなく。
[PR]
by noko-n | 2008-05-31 09:53 | 雑記 | Comments(6)

飯尾醸造さん

5月24日(土)~25日(日)にかけて、
京都北部の宮津にある飯尾醸造さんを訪問しました。

参加者: 大石さん・木土さん・湯谷さん・大住さん・
      森くん・斎藤くん・黒瀬さん・日高くん・佐竹

初日は雨だったので、まず室内でお酢や飯尾醸造さんについて勉強しました。
糖やデンプンをアルコール発酵をさせてお酒を作り、さらにそれを酢酸発酵させてお酢が作られるそうです。
f0142721_061178.jpg

それからお酢蔵を見学しました。
f0142721_062151.jpg

f0142721_063028.jpg

そしてお待ちかねの、お酢の試飲&購入。
某大手メーカーのお酢と、飯尾醸造さんこだわりのお酢は、
やっぱり匂いからして違いました。
f0142721_0123944.jpg

f0142721_064188.jpg

翌日は、小雨の中でしたが田植えをさせていただきました。
無農薬栽培のため、紙マルチで雑草をシャットアウトしつつ、そこに穴を開けて苗を植えました。
f0142721_065598.jpg

新緑の山々に囲まれた棚田で、休憩時間には狸らしき動物に遭遇したりしながらの田植えは、非日常の体験でした。
新入生の活躍もあって、なんとか予定のところまで田植えが済みました。

9月末には稲刈りに参加させてもらえる予定なので、今回参加できなかった方も楽しみにしていましょう!


佐竹(文・2)
[PR]
by noko-n | 2008-05-29 00:29 | 京都の農家さん | Comments(1)

大発見!

筍って竹の子らしいですよ。知ってました?

f0142721_12415741.jpg



















き・ど
[PR]
by noko-n | 2008-05-19 12:43 | 雑記 | Comments(3)

いちご狩り&BBQ 

無事、終了しました!
10名以上の一回生を交えて、大盛況でした。

f0142721_1228179.jpg



お天気が続いたこともあり、いちごの出来は今年一番でした。

次回のいちご販売予定は、5月21日(水)12:10より
             場所は北部食堂を予定しています。

ということで、朝狩り隊を募集中。



あと、大まかな本年度活動スケジュールも作成したので、よかったらご覧あれ。

◎4・5月 「村上さん」たけのこ掘り(京都市内・桂)
○5月   いちご狩り&BBQ(宝が池) 「飯尾醸造」お酢屋さん訪問(京都府・丹後)
○5・6月  さつまいも定植・ひまわり種蒔き(宝が池)
○7月   「田鶴さん」賀茂なすBBQ(京都市内・上賀茂)
◎8月   宇宙飛行士秋山さんと行く植林ツアー(香川県・本島)
      合宿(昨年は信州、一昨年は土佐)
○9月   「のろまん農場」モモ収穫のお手伝い+善光寺観光(長野県)
○10・11月 さつまいも収穫・大学祭出店
◎11・12月 「田鶴さん」京漬物すぐき皮むきのお手伝い
○1・2月  「村上さん」たけのこ土入れ
○2月    農家飲み会(年度末納会) 年度末MVP発表
○3月   「田鶴さん」きゅうり接ぎ木 

※ほんの一部です。(ほぼ毎週、どこかしらの農家にお邪魔しています)
※勉強会等も随時行っています。
※◎は私のお勧めです。


き・ど
[PR]
by noko-n | 2008-05-19 12:37 | 宝ヶ池の畑 | Comments(1)

いちご狩り

いちご、お陰様で順調です。
今年も大学の食堂で販売しておりますので
見かけたらよろしくお願いします!
f0142721_1749401.jpg


ちなみに明日18日は、いちご&BBQ大会です。

飛び入りでも大歓迎です。
10時に時計台集合でお願いします。

きど
[PR]
by noko-n | 2008-05-17 17:52 | 農交イチゴ畑 | Comments(1)
続けてすみません。中村です。
汗を出したんだから口を出したっていいでしょ、ということで。
5月のいちごの世話・収穫に関するガイドラインです。今後、および来年も参考にしてください。

なぜって、「火曜日担当 木土、田代」
この記述に不安を覚えずにはいられなかったためです。

・実が赤くなる前に
防鳥ネットをかけます。ぼろいですがないよりマシです。そろそろ替えどきかも。
9日にやってくれたようですが、10日の時点でばっさり外れていました。
でもって軽く30粒は鳥にやられていました。
かけかたを知らない人に任せたのだから無理もないことです。

教訓としては、ぎりぎりまで粘らないこと。
今年だったら5月10日までに実が赤くなることは十分予想していたわけで、それで9日にやるというのは準備不足です。3日から6日の連休中にやるべきでした。

あとは、知らないなら素直に知っていそうな人を呼ぶこと。
知ってる人は知らなさそうな人に任せないこと。

・収穫のとき
基本精神は、いちごへの愛情をもつこと

実を摘むとき。指で挟んで折るように摘みます。それでだめなら両手で。
片手でひっぱるのが一番ダメです。
ひっぱれば近所のいちごもズルっとぬけるかも。

実を袋に入れるとき。袋にいくつか入ってる状態で上から実をボトっと落とさないこと。実がぶつかって痛みます。
はっきり言って、愛する子どもを部屋に放り込むようなもんです。
まあパックなら起こりえない問題なんですけどね。

鳥や虫に食われたイチゴ、カビまみれのいちごに遭遇したとき。
上回生は絶対スルーしないこと
すでにカビのついているのはもちろん、かじられた実は病原菌の発生源となります。となりのイチゴにカビが移り、どんどん伝染します。そのため初期消火が大切になります。
そんなのさわりたくない気持ちはわかります。けどそれを見逃すとどうなるのか。そもそも何のために育てているのか。考えて摘みましょう。

あとは当たり前ですが、売りものですから、お客さんの立場で袋に詰めます。
変な形の実や虫食いは印象が悪くなります。被害が軽微な場合は自分で食べる。食べるという作業はとても大事です。その日の味を確かめること。また実の色や形と味の相関もけっこうあるので、その見極め力向上にも役立ちます。
「虫食いなんて関係ねえ!」と価値観をもつのは自由ですが、それをお客さんに押し付ける(虫食いを袋に入れる)のはいかがなもんかと思います。ミスを減らす努力をしましょう。

お客さんが見るかもしれないこのWEB上にこんなこと書いていいのかって気もしますけど。
もしごらんになられた場合は、そういう風に不良品を減らす努力をしていること、ましてちょっとの虫食いを袋に詰めて増量しようとかいうせこい魂胆はないことをご理解ください。

・ランナー
できればハサミを持っていって切りましょう。ないときは、両手で切ること
片手で切ると絶対にいつか失敗して株の一部が抜ける事態が起こります。
引っ張って切ろうとするのはもってのほかです
ヴェテランは片手で爪を立てて折るようにして切ることもできますが、それによる効率アップなんて知れてます。樋口さんちでランナー切るときもたいていハサミを渡されます。確実に安全な方法で切ることを私はすすめます。


こんなとこですかね。収穫を楽しむためには、地道な努力も必要なんです。
[PR]
by noko-n | 2008-05-11 00:44 | 宝ヶ池の畑 | Comments(1)

いちご つづき

中村です。

5月10日土曜日。見事に朝から雨。
私は野菜を植えるために田鶴さんの畑を経由して宝ヶ池に行きました。
なぜって、雨なら水遣りいらないから。

着いて驚いたことに、いちごが鈴なりですよ。
こんな日にとらないでいつとる!
サークルKに行き、泥のついた長靴で申し訳なく思いながら50枚入りのポリ袋を買いました。

雨ですが、食べてみてもそんなに味が落ちているとは思いません。
それまでだいぶ乾いていたし、どちらかといえば降りはじめでしたから。
味が落ちるのは、雨が降った翌日のことが多い気がします。

あとはカッパに長靴で体育会系のノリで摘みました。
途中新入生の斉藤君が来てくれました。
中止だろうとは思ったけどよくわからなかったからだとか。
雨にぬれながら摘んでくれました。ありがとう。

1袋15個から20個入りで30袋を超える勢いだったので、武田君を呼び、佐竹君の家へ持ち帰りました。佐竹くんからの幸運なメールに気づいた新入生に配られたとのことです。
めでたしめでたし。
[PR]
by noko-n | 2008-05-10 23:56 | 宝ヶ池の畑 | Comments(0)

いちご

新歓いちご狩りのビラをつくりました。
f0142721_12512792.jpg

印刷は白黒です。
500枚を来週中に配布の予定です。

来週火曜日13日と木曜日15日には吉田食堂前にてイチゴを販売の予定です。


佐竹(文・2)
[PR]
by noko-n | 2008-05-10 12:56 | 農交イチゴ畑 | Comments(1)

千葉の大松農場

中村です。

5月9日現在、千葉ロッテは最近12試合で2勝10敗、ジェフ千葉は開幕から8敗2引分と絶不調であります。
5月4日、そんな千葉県の田舎のヒロイン大松さんを訪ねてきました。
なおご主人の大松秀雄さんはその筋では有名な方です。

今回は集会つながりで千葉大の学生さん3人、早稲田の田崎くんと出かけてきました。

大松農場は千葉県旭市にあります。
東京から2時間、うちの実家から1時間。もう少し行けば銚子です。
といってもわかりませんよね。
f0142721_052100.jpg


下は鶏舎。「ふつうの鶏舎」がどんなものか知らないのですが、鶏の健康に配慮して風通しをよくしているとのことです。
鶏の数は5万羽(推定)。卵の生産量は1日4~5万トン。1羽がおおむね1日1個の卵を産みます。重量にして3トンだそうです。
f0142721_052582.jpg


たまご。いただいた印象では、殻が固く、卵黄は色がうすい。
きっと良質な餌で育った健康な鶏から産まれた卵なのでしょう。
ほんとうですかと私に聞かれても、鶏の気持ちはわかりません。
f0142721_06465.jpg


平飼い鶏舎もあります。
f0142721_063117.jpg


こだわりの餌。
f0142721_081115.jpg


サッポロビール発、乾燥酵母。餌に混ぜています。
f0142721_083338.jpg


鶏舎のそばで直売やってます。
f0142721_085891.jpg




写真とは全く関係ないのですが、今回は田植えをしました。
裸足になってひざまで水田につかって。
千葉市内から来た家族連れと楽しくやりました。子どもは生き物探しに夢中。
機械が植えたのとは歴然の差です。どういうわけかまっすぐ一列には植えられません。

ふと思いました。コンバインは、田植え機とセットなんではないかと。
あんなにグダグダに曲がった列はコンバインでは刈れないに違いない。
単に私たちが下手すぎるだけかもしれませんが。


大松さんの説明を話すと長くなるんで、興味ある人は
農事組合法人旭愛農生産組合http://www.aino-agri.net/outline.htmもしくは、
大松農場http://www.omatsu-nojo.or.jp/
を見て下さい。

キーワードは、「非遺伝子組換え飼料」「抗生剤など一切なし」「循環型農業」あたりでしょうか。
そして、「食べるということは、いのちをいただくことである」。

一言でいうと、大松秀雄さんはぶっとんでいます。
基本的に有機農産物しか口にしないそうです。
会費3万円の食事会へ言っても何も食べず、家に帰ってそそくさとご飯と野菜と味噌汁を食べるんだとか。ヒロイン大松優子さんもこれにはあきれてるようです。
ただ、エビスビール(サッポロビール製造)はうまいんだとか。
サッポロファンな点では私と同じでした。

秀雄さんが私たち学生にふるっていた熱弁を勝手に解釈して紹介します。

百姓宣言
お前が大人に育つ前に 言っておきたい事がある
かなり厳しい話もするが 俺の本音を聞いておけ
コンビニ弁当を食べてはいけない マクドナルドを食べてもいけない
めしは自分でつくれ いつもゆとりでいろ
できる範囲で かまわないから

忘れてくれるな 農業も知らない男に
日本を守れるはずなどないってことを
お前にはお前しか できないことがあるから
それ以外は口出しせず 黙って俺についてこい


万一行きたくなったら、一声私に連絡を。なんせ近いんで。家に人を泊めることはあんまり考えてませんけど。
[PR]
by noko-n | 2008-05-10 01:10 | 日本全国の農家さん | Comments(0)

GW・鳥取の秋山さん

5月3日(土)~5日(月)に、鳥取の秋山さんを訪問しました。
滝澤さん・湯谷さん・佐竹が参加しました。

新緑の季節の青々とした山に囲まれて、気持ちが落ち着きました。
f0142721_0151971.jpg

作業としては、柿の畑を囲む防風林の伐採(伸びすぎた分を切る)と、
f0142721_0154192.jpg

梨の摘果を行いました(佐竹は風邪のため摘果は手伝えませんでした;)。
f0142721_015885.jpg

そのほかに、鳥取砂丘へ砂の彫刻展示会を見にいったり、
f0142721_0155146.jpg

山にワラビを取りに行ったりしました。
f0142721_0153035.jpg


佐竹(文・2)
[PR]
by noko-n | 2008-05-09 00:32 | 日本全国の農家さん | Comments(2)