農業交流ネットワークの日々の活動内容について綴っていきます。


by noko-n

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

続 6/20-21 芦田さん訪問

6/21(日) 訪問2日目です。

朝からどんより曇り空。
ぼんやり目を覚ますと、台所からはもう音が聞こえました。
朝ごはん!とはっきり目が覚めました。
f0142721_13543643.jpg

朝からこんなにおいしいものを食べると自然と力がわいてきます。


今日最初の作業はきゅうりの誘引です。
f0142721_140922.jpg


f0142721_1404252.jpg

どんどん広がるつるをうまく伸ばし、麻ひもでネットとにくくりつけます。
風通しをよくし、まんべんなく光が当たるようになります。

どっちに伸びたいのか、よくきゅうりのことを考えないと難しい作業。
ひとつずつ観察しながら作業します。


家に戻り、昨日収穫した大根の種を広げて乾かします。
f0142721_1484527.jpg

これが大根になるとは~


お昼ごはんをいただきました。
たっくさん朝ごはんを食べたのにおなかがすくから不思議です。
f0142721_14124572.jpg

じゃがいも、にんじん、たまねぎ、ソラマメ、どれもおいしいく、
すごくやさしい味でした。
f0142721_1413125.jpg

お好み焼き風風のグラタン。


すっかり天気もよくなって夏の感じがします。
昼からは草刈りです。
草刈り機は初挑戦!
f0142721_14153434.jpg

一人1台肩に下げ、畑に向かいます。
f0142721_14164277.jpg

草刈りの様子。
草刈り前、後の草丈の違いがよくわかります。

手はぶるぶるし、肩には機械の重みがかかり、耳は大きな音でひりひり。
なかなか大変だけど、進んだ分を振り返ると、すごい達成感を感じます。
f0142721_1420392.jpg

草刈り後の様子。
こう見るとうれしい。


帰って夕ご飯をいただきました。
f0142721_142563.jpg

アナゴの雑炊。
f0142721_14253790.jpg

新じゃがのグラタン。

作業後のご飯は特においしい!
疲れもなくなります。


大せいでひとつのテーブルを囲み、
おいしくってあったかいごはんをわいわい食べる。
まるで実家に帰ったときのようにゆったりした気持ちに慣れました。

こうやってあたたかくむかえてくださるのが、とってもうれしくありがたいな、と思いました。
学校生活と離れ、私にとっては非日常に感じました。

こころもゆったり、すてきな2日間でした。

(だいもん)
[PR]
by noko-n | 2009-06-26 14:39 | 京都の農家さん | Comments(1)

6/20-21 芦田さん訪問

6月20日(土)晴れのち曇り
朝6時前。人のいないすがすがしい今出川通りを自転車で、駅へ走ります。
向かうは胡麻の芦田さんのところ。
f0142721_227923.jpg

参加者:野々山さん 大門さん 島くん 小林あ

「今日は一年で一番特別な日なんだ。さあ、何の日でしょう」
到着するなり芦田さんがおっしゃいました。
夏至は明日だし、奥さまのお誕生日でもないようです。


・・・正解は

f0142721_228165.jpg


つばめの子どもの巣立ちの日だったのです。
倉庫の裏側につれてっていただき、上をみるとつばめが巣から出たり入ったり。
「今晩はまた帰ってくる。明日からは巣立ちだな。」
つばめは古くから穀物を食べず害虫を食べてくれる益鳥として、田んぼでは大切にされていたんだそう。
「あの巣はこの前巣立ったし、こっちの巣は落ちてしまった・・・」あちらこちらの屋根の裏にはいくつも巣がありました。
つばめの巣立ちは夏の始まりをかんじさせます。

さてさて、農作業です。
午前中はトマトの誘引です。
美味しいトマトの見分け方講座。ぼこぼこしてて、お尻に星がはっきりみえること。
f0142721_2292767.jpg

ところで、青いトマトを食べたらどんな味なんでしょう。
一つだけ、持ちかえって食べてみることになりました。

お楽しみのお昼ごはん。
f0142721_2210756.jpg

大粒の黒豆がふんだんに入ったごはん。
おこめの色がやさしい紫いろできれい。
f0142721_22105993.jpg

野菜たくさんのおかずは体においしい。こんな料理上手なお母さんになりたいなぁ。

午後は大根の種取りです。
f0142721_22115920.jpg

大根がこんな小さな種から生えてくるなんて、初めて知りました。
f0142721_22122817.jpg

その後、キュウリとニンジンの収穫です。
f0142721_22133423.jpg

f0142721_2213421.jpg

にょきにょき具合が、おもしろい。宇宙人みたい。


さて、持ちかえってきた青いトマト。にがいのかしら、すっぱいのかしら、とドキドキしながら一口。
f0142721_2214958.jpg

味は意外に青臭くなく、歯ごたえが新鮮な感じ。
調べてみると、青いほうがたくさんギャバが含まれてたりもするそうです。
細かく切ってサラダにして食べてもおいしそう。
青いバナナやマンゴーを普通に食べる国があるという話を思い出しました。
日本でも、もっといろんな段階の野菜を食べるようになっても面白いかもしれません。

お楽しみの晩ごはん。採りたてのおいもとラディッシュにニラときのこのクリームパスタ。
f0142721_22144275.jpg

たくさんお話をしながら、暖かいご飯の時間でした。お腹いっぱい。ごちそうさまでした。


晩ごはんのあと、ホタルを見に外へ出かけました。
昔は天の川みたいにぎらぎらいて、気味が悪いほどだった、というのは奥さまの話。
今宵は、どこかはかない小さな光でした。
(こばやしあやか)
[PR]
by noko-n | 2009-06-24 22:29 | 京都の農家さん | Comments(4)
日時:6月20日(土) 14:00~18:40
参加者:成尾さん(資源・1)×今脇さん(食環・2)×小林宏さん(食環・3)×小牧(府立大・3)
f0142721_17565048.jpg


集合写真です(小牧は撮影のため含まれていません)

天候:くもり 時々 晴れ 翌日日曜日からしばらく雨が続くという予報のため、今日中に作業を完成させてほしい、というのが田鶴さんから伝えられました。

作業内容:上賀茂・イチゴ畑のジャガイモ掘り
f0142721_1835843.jpg

このような様子で、2畝あります。
f0142721_185286.jpg

使用するのは、フォークとシャベル、そしてガムテープと段ボール箱です。
f0142721_187553.jpg

まず、地上部の茎葉を取り除いていきます。
f0142721_1892050.jpg

そして、フォークとシャベルでジャガイモを掘り起こしていきます。このときに、ジャガイモを傷付けないように、慎重かつ大胆に差し込みます。
f0142721_18121333.jpg

掘り起こしたジャガイモは、段ボールにつめていきます。このとき、表面に緑色が多くついているものは除きます。毒になるとのことです。
ちなみに、ジャガイモの芽や、緑色の皮に含まれる毒は、ソラニンというアルカロイドの一種で、中毒症状は吐き気や下痢などで、重症の場合は命に関わることもあるそう。
ちなみに、畑に襲来するイノシシは、芽が出たジャガイモは決して口にしない、と田鶴さんがおっしゃいました。「うーん。」と、思わずうなってしまいました。
f0142721_18221537.jpg

1畝終わったところで休憩を挟みます。
f0142721_18242100.jpg

f0142721_18251380.jpg

田鶴さんからいただいたお茶で一息。
f0142721_18293187.jpg

作業再開です!
ここで、本日のジャガイモについて…
‘男爵’と呼ばれるジャガイモです。名前の由来は、北海道にこのジャガイモの栽培を広めたのが、川田龍吉男爵という、函館在住の貴族だったことに由来します。
また、男爵は、線虫という微生物の加害に対して抵抗性を持たないため、線虫の害は悩ましい問題であります。
ジャガイモは、生食が主流ですが、お酒造りにも使われており、北海道で誕生した「ジャガイモ焼酎」は人気を博しています。
ジャガイモは世界中で育種(品種改良)が進み、2000もの品種が存在するといわれています。
と、ここで!
f0142721_18463590.jpg

小林さんが、変わった形のジャガイモを発見しました。
「ミッキーみたい!」ほんとですね!心が和みます・・・。
f0142721_18485255.jpg
f0142721_1849253.jpg

そして、作業終了の時がやってきました。
f0142721_1850299.jpg

トラックに積み込みます。
f0142721_1851833.jpg
f0142721_1851166.jpg

田鶴さんトマトをいただきました。ちなみに、今脇さんは、本日が「2009年初・田鶴さんトマト」だったようです。
そういえば、ジャガイモもナス科植物なんですね。果実の形は驚くほど違うのに何で?と思いますが、花は驚くほどよく似ています。可愛らしい、紫色の花なのです。

ここで、本日田鶴さんとお話した内容を書き留めておきます…。
下京区補欠選挙の裏話(キーワードは「消防団」)
自民党本部ビルの電気が少なくなった時は・・・近いうちに・・・
小学生にケータイを持たせることの是非(ケータイ代は払うのに給食代は・・・)
京都御所周辺や烏丸御池~三条あたりはケータイがつながりにくい(樹木や、高層ビルがあるから)
いわゆる「クリーンエネルギー」について(風力発電はどうだろうか?太陽光も冬には日射量が減るからトータルでは・・・)
f0142721_194249.jpg
f0142721_1943156.jpg

そして、上賀茂の畑に戻ると、田鶴さんのお母さんがトマトとともに出迎えていただきました。
作業後のトマトは、本当に・・・!もはや言葉になりませんね。

そして、田鶴さんの畑を後にしました。

そういえば、「チャーミングなおじさん」(香川さんMLより)樋口さんを訪問されたネッターの方々も、ジャガイモ掘りの予定だったですね。
このブログを書かせてもらっているのが、6月22日の月曜日19時です。24時間後、どんな報告を聞かせていただけるのか、期待に胸を膨らませつつ、終わらせていただきます。

(こまき)
[PR]
by noko-n | 2009-06-22 19:20 | 京都の農家さん | Comments(2)
日付:6月6日(土) 9:00~16:30
訪問者:竹内、船木、湯本、永見、シマ

本日のテーマ:「エンドレス玉葱しばき」

 雲ヶ畑の畑にある玉葱を収穫するのが本日の作業でございます。頼もしい1回生メンズ×3と、国民年金が気になる上回生×2という愉快な仲間たち(ジェネレーションギャップが気になる)。
f0142721_10284314.jpg



 玉葱の収穫作業を大げさに説明すると3つのステップがありまして、
① 引っこ抜く(ピクミンみたいに)
② 茎と根を切り落とす
③ カゴに放り込む
 この作業を繰り返すわけであります。昨年に引き続きタマネギ収穫に従事させていただいた私ですが、昨年は②のステップで涙が止まらなくなり(タマネギ的な意味で)、今年はどうなるかと若干ビビっておりましたが、何故か今年は号泣することなく切断作業が出来ました。大学生になってはや1年、高校生の頃のピュアな感受性はもう私の心に残されていないということの証左(ry
f0142721_10404759.jpg



 それにしましても本日はお日柄もよろしく、農作業日和ですね、そうですね。なーんて会話を当初は交わしていたのですが、作業開始から2時間も経過すると、もう、なんか、日差しがあり得ないことになってまして、収穫したタマネギが自身の水分で勝手に30℃近くまでオーバーヒートを起こしたり、ふと自分の腕に目をやるといつの間にか低温火傷を起こしていたりと、軽装でホイホイ出かけた自分を後で(主に風呂場で)思いっきり呪う結果となりました。みなさん、
作 業 中 は 長 袖 推 奨 で す よ 。
f0142721_10401611.jpg



 作業合間の休み時間に田鶴さんからお茶やらお菓子やらお昼ご飯やらトマトやらを差し入れていただき、なんだか感謝の気持ちで一杯だったのですが、実は個人的に一番良かったのは“農地と景観と行政にまつわるエトセトラ”的な雑談でした。中山間地における耕作放棄地解消を進める上でネックとなっている問題として、不在地主や所有者不明の農地の存在が挙げられますが、そのあたりのことに関して、実に生々しい(笑)話を伺うことが出来まして、「都市に農地を残そう」や「耕作放棄地を解消しよう」や、「美しい景観」等、昨今叫ばれている問題の根の深さを垣間見た気がしました。

 そして帰りには一口大のタマネギを山ほどいただきました。
f0142721_1040295.jpg

[PR]
by noko-n | 2009-06-07 10:41 | 京都の農家さん | Comments(0)

いちごジャムつくったよ

少し前になりますが、上賀茂の畑から百万遍まで運んでくる時に残念なことになったいちごをジャムにしました。


f0142721_2333755.jpg

洗います。甘酸っぱいにおいが・・・



f0142721_23341281.jpg

へたを取ります。



f0142721_23342494.jpg
グラニュー糖をまぶします。いちご、癒し系作物。




f0142721_23343689.jpg
しばらくするとイチゴから水が出てきます。浸透圧ってやつですかね。もぉ甘酸っぱいにおいでクラクラ。



f0142721_23344692.jpg
レモン汁投入。このあと一晩放置します。




f0142721_23345623.jpg
ここから翌朝。煮詰めます。



f0142721_2335660.jpg
アクが出てくるので丁寧に取り除きます。




f0142721_23353297.jpg
かなり煮詰まって、煮汁が透明でトロっとしてきました。




f0142721_23354536.jpg
f0142721_23364868.jpg
上は鍋にへばりついてたジャムの残りを水で共洗いして採ったジュース。さすがに薄かった。でも優しい味と、舌に引っ掛からない後味が良かった。下はアク。冷やしてムースもどきっぽい気分で食べました。例会に持ってくだけはなかったんで。役得役得。

で、ジャムは例会に持ってって、焼いたトーストに乗っけてみんなで食べましたとさ♪ いまわき(08)
[PR]
by noko-n | 2009-06-03 21:20 | 雑記 | Comments(2)