農業交流ネットワークの日々の活動内容について綴っていきます。


by noko-n

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

なす日ぃ~

日時:5月25日(金)
参加者:伊藤,他一名
報告者:荻原

ちょっとだけ早めに週末を迎えた二人で田鶴さんの所へいってきました♪

~ホルモン剤散布~
賀茂なすびの花にホルモン剤をスプレーで散布していきました。
このホルモン剤は受粉を促進させるものです。野菜の品種によってはこの受粉促進過程はミツバチを利用して,行われているそうですが,残念ながら今年はミツバチの育成が思わしくなく,このホルモン剤に頼る機会が多くなりそうです(;;)
ただでさえ蜜が少なく,ミツバチで効率的に受粉させることができないなすびに関しては,ホルモン剤を使うそうです。
f0142721_21285133.jpg
f0142721_21293165.jpg
ホルモン剤シュッシュッーー(* ̄O ̄)ξ┌<ミ
かけた後だと赤くなってるいるね!これはホルモン剤自体の成分の色じゃなくて,赤色の食紅が入っているからなんだ。色を付けることによって二度吹きかけないように,一回かけたものとかけてないもので区別しているんだね。
このホルモン剤はかなり強力で1回かけるだけで,大きな実のなすびができるんだって!これはホルモン剤かけると種子が出来にくくなるから,その分実が大きくなるってわけね。
逆にあまりに良く効きすぎるから弊害もあって,2回かけるてしまうと・・,やはり使いすぎは良くないですかね~?なんと実がスッカラカランになってしまうんだよね~(TOT)

僕の頭の中みたいに( ̄▽ ̄)b
横に振るとカラカラという音が~♪
良い子のみなさんは決して真似をしないでください。

読んでくれてる聡明な貴方は頭は,1回かけた後みたいにギッシリ詰まってますので音は鳴りませんからね♪

幹事名言「なすびじゃなくて紫ピーマンができちゃうww」

ちなみにこのホルモン剤は原液を100万倍に薄めて使っていますが,この原液を1000倍に薄めると除草剤として使えるそうです。
f0142721_21292399.jpg
畑でシューティングゲームを楽しむ幹事。メガネまでかけて本格的(笑)
f0142721_21302744.jpg
僕は作業を頑張り過ぎて親指が真っ赤に腫れてしまいました(^∀^)
ここで幹事名言「弁当のウィンナーじゃねぇーかっ!」


~なすびの紐釣り~
賀茂なすびは地面を頂点としたVの字状にぐんぐん↑大きくなっていきます。このままほったらかしにしとくと,横に無駄に場所取るようになってしまうんですよね。誰かさんのお腹みたいに
これはこの後剪定とか,収穫のとき邪魔になりますね。そのためVの頂角θ→0°とすることによって,苗の形状をV→Iとして立体障害を緩和させていきました。
f0142721_21301150.jpg
まず,枝の分かれ目を紐で括って・・
f0142721_21305194.jpg
中央へ向かってぎゅーっと押し付け,紐で括ってカッターでチョキン。こういうところに農家さんの知恵が垣間見えますね♪

幹事迷言「とげ痛ってぃー」

おまけ
f0142721_22592062.jpg

苺を頬張る幹事服を着た猿。

※この猿は2,3個くらい喰ったところで,僕が京の町へ追っ払いました。
[PR]
by noko-n | 2012-05-25 23:07 | 京都の農家さん | Comments(2)

村上さん筍堀

日にち 4月30
参加者 黒瀬、大塚、田中、三浦、野村、元木、山守
報告  田中

筍シーズン真っ盛りの4月に、桂の村上さんを訪問してきました。今回の目的は筍堀りのプロの技を見るということで、あまり作業はしていませんが・・・   いい経験になりました。
f0142721_21531032.jpg


f0142721_2156410.jpg

f0142721_2295890.jpg

金属の棒で、掘り起こす。ほとんど地中に埋まっている筍を掘りだすのですが、地中にどれだけ埋まっているのか想像が難しかったです。筍堀りを少し体験させていただきましたが、金属の棒が筍に刺さって「メリッ」という嫌な音が・・・

筍は真っ直ぐにはおらず、少し曲がっています。ちょうど猫背の人を想像すると分かりやすいかもしれません。掘り出し方は一応シンプル。筍の背中の方(猫背の人の背中の方)の周りの土を金属の棒でしっかりと堀って、ある程度掘り起こせたら、筍の腹の方から金属を入れて完全に掘り出して完成です。作業自体は一見簡単そうですが、これが案外難しい。

f0142721_2292659.jpg


作業としては竹林の草取り、石拾いをしました。
村上さんのお話はとても面白いので、訪問したことがない人は是非行ってみましょう。

そして、今回訪問した人はもちろんのこと、そのほかの人も是非「客土」の作業に行きましょう。(2011年1月のブログ参照。その回も僕がブログ書いてますね。読み返してみるとホント分かりづらい書き方・・・。ごめんね)  「客土」は柔らかい筍を作るためには欠かせないものです。

あ、あといただいた筍はタケノコご飯にしておいしくいただきました。
[PR]
by noko-n | 2012-05-15 22:22 | 京都の農家さん | Comments(2)

うの茶園を訪ねて

日時:2012年5月4日~6日
参加者:増田、田中、向井(農3)、益田(文1)
報告者:向井

農交ネットのOBである宇野さんご夫婦の住む、静岡県浜松市春野町に遊びに行ってきました!
春野町では集落全体で有機無農薬のJAS認定を受けたお茶を栽培しています。
お茶摘みは時期がほんの少しだけ早かったのでできませんでしたが、宇野さん曰く、春野町の最も良い時期に行くことができたそうですよ。
出迎えてくれた2歳目前の清太くんがかわいくて、かわいくて、もう私は目がハートでした♡


5月4日
お昼過ぎに宇野さん宅に到着。
一息ついてからお茶の畑の上に落ちているスギの枯れ枝を拾いました。機械でお茶を摘んだときに、お茶にこのスギの枝が入りこんでしまうのを避けるのが目的です。
f0142721_18302743.jpg


春野町では朝7時、昼12時、午後5時、夜9時に音楽が流れるのですが、この日の作業は午後5時の音楽を聞いて終了。宇野さんによると、午後5時以降仕事をすると怒られるんだとか。
そうだといいんだけど…笑

夜はまどかさんのおいしいお料理をいただきながら、大介さんの生い立ちをお聞きしました。とっても参考になりました!!


5月5日(子どもの日)
f0142721_19151942.jpg


まどかさんと一緒に今年から始められたという田んぼの草取りをしました。
一人は清太君と遊ぶ係。
この写真は清太くんと遊ぶ係をしていたときに私がこっそり撮った写真(^^)
f0142721_18435081.jpg

清太君が応援しています♪みんながんばってー!!

午後から大介さんがこの日勉強会に行っていた春野町のお茶工場に見学に行かせていただきました。
この日取った茶葉を
f0142721_18454276.jpg

蒸して冷やして・・・
f0142721_18464278.jpg

機械で揉んでいきます。
f0142721_18484473.jpg
f0142721_18485858.jpg


f0142721_18494314.jpg

できたお茶は乾燥機で乾燥させて出来上がりです。お茶がこんな1日でできてしまうなんて驚きでした。ただ、できたてのお茶は荒茶と言って、味はもう少し期間を置いた方が良い味のお茶ができるようです。

このお茶は翌日朝ごはんのときにいただきました。うまく感想を言えないけど、口の中にほろ苦さが残っていたのを覚えています。


5月6日
この日は子供の日の翌日!というわけで、春野町のいたるところにあがっていた鯉のぼりのお片付けを手伝いました!女きょうだいしかいない私にはとっても新鮮でした。
f0142721_191656.jpg

支柱はなんとクレーン車まで動員して片付けます!!



3日間、宇野家の皆さま本当にお世話になりました。また今度はお茶摘みの時期に来たいです。
今年は手揉みのお茶を販売する予定だそうです。どんどん新しいことに挑戦されているうの茶園の今後の様子も目が離せませんね!
f0142721_1945115.jpg


かわいい清太君のプチ写真集
f0142721_1913970.jpg
f0142721_19246.jpg


おまけ

f0142721_1973415.jpg

私は宇野さんの家から京都に帰らず、名古屋の実家に帰ったのですが、その時に宇野さんからいただいたお茶をいれて家族でいただきました。
よもぎもちは作業の合間合間にこっそり摘んでいたヨモギを使って作ってみました!(作業をさぼっていたわけではないよ!)
[PR]
by noko-n | 2012-05-11 19:22 | 日本全国の農家さん | Comments(6)

囲い込み&摘花@越畑

f0142721_0132451.jpg
新緑の季節ですね。
冬の間は地味な写真しか撮れませんでしたが、最近は天気もよくいい写真が撮れます^^

越畑に行って来ました!

越畑は京大から車で一時間ほどの、京都市右京区にある集落です。よく整備された棚田があり、景観も良いので観光で訪れる人も多いです。寒暖差と綺麗な水を利用して質の高いお米や、ホオズキなどを生産しています。

f0142721_0321146.jpg
農事組合法人として地域の人達が共同経営している名物レストラン。

しかし山奥にあり高齢化も進んでいて手の行き届いていない圃場もあり、農交ネットでは1ヶ月に一回ほどお手伝いに行かせてもらっています。

今回の作業は①アライグマ対策の電柵設置、②桃の摘花でした。

 日時☆5月6日 参加者☆野村(2) 元木(2) 報告者☆元木

越畑はいつも雨。今回も雨が降ったりやんだり。
ネッター随一の雨男2人が揃ったからか、雨と雷と快晴がまじった変な天気でした。

ただ作業には差し支えがなく、まるまる一日作業が出来てよかったです。

午前中はぶどう圃場周囲の電柵を設置しました。

ぶどう圃場の周囲は、いちばん外側にシカとイノシシの柵、次にアライグマの電柵、木の周りにシカ対策のネットが設置されています。何重もの守りが鳥獣害のひどさを物語っていました。

f0142721_0353779.jpg
地面から約15cm間隔で2本の電線が張れるように杭を打っていきます。電線の高さは非常に重要で、アライグマが下をくぐり抜けない程度に低く、しかし草がある程度伸びても漏電しないような高さでないといけません。またこの高さは、電気ショックの効果が一番高い、アライグマの鼻と同じ高さになっています。

農家さんに見守ってもらいながら圃場の周囲を一周し、午前中の作業は終了。

お昼ごはんの時間!
越畑ではレストランでいつも美味しいお昼ごはんをいただいています。
f0142721_0423512.jpg
今日は手打ちのおそば、炊き込みご飯、タケノコとわかめの炊合せetc、旬を味わうことの出来るメニューでした。いやーおいしかった笑

昼からは桃の摘花。
f0142721_0502299.jpg
上向きについた花を落としていきます。上向きの花を落とす理由は、上向きについた実は成長段階に重力でねじれて上手く大きくならないからだそうです。ちなみに写真に写っているのは、花弁が散った後に残った「がく」。ひとつひとつ落として行きました。
f0142721_0545033.jpg
樹上にはカエルが。長野のろまんさんや、鳥取の秋山さんの果樹園を思い出します。秋山さんの柿畑にはカエルを狙っているのかヘビもいましたね。

f0142721_12204.jpg
3時のおやつにコーヒーと揚げそばをいただきました。

16時頃に作業終了。桃の摘花はあと半分くらい残ってしまいました(> <)
リンゴの摘花作業など、仕事はまだまだあるそうなので是非いつでも来て欲しいとのこと。リンゴは手が回っていない状況で、病気などもあり、なかなか収穫に結びつかないそうです。ネッターの力で収穫にまでたどり着ければうれしいですね。

越畑の皆さん、今回もありがとうございました!

☆おまけ☆

f0142721_1192782.jpg
帰りは野村くんの運転練習を兼ねて、保津峡コースをドライブして帰りました。
f0142721_1201365.jpg
気持ちのよい景色と、スリル満点の野村くんの運転が合わさった、楽しい時間でした笑
[PR]
by noko-n | 2012-05-08 00:14 | 越畑 | Comments(5)