農業交流ネットワークの日々の活動内容について綴っていきます。


by noko-n

<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


最近蒸し暑いですね~~
早くも夏バテしそうな米村です。
6/21,22に鳥取の梨農家さん、秋山さんを訪問しました。わたしは1か月ぶりで、さとしとまさるが1か月前に比べて日焼けしてて夏を感じました(*'ω'*)

参加者:村瀬(2)、山崎(2)、米村(2)
報告者:米村

まず21日。朝6時から桃の袋かけをしました。秋山さんって桃も育ててるの??育ててるんですねぇ。品種は何ですかと訊いたところ白桃だそうです。柿の木にまじって桃の木が立派にしげっておりました。

f0142721_2184824.jpg


桃はみなさんすでにご存じかもしれませんが梨のように軸がなく枝からそのまま実がなります。だから袋は枝のぶんの切込みが入っています。

f0142721_2231387.jpg
f0142721_2232563.jpg


この上の写真のように袋をかけます。
桃の作業ができるとは思ってなかったので得した気分です♪

午後は梨の袋かけでした。品種は二十一世紀です。二回目の袋なので大きくて留め具は針金です。ワンタッチ式の一回目の袋より難易度が上がって初心者ばかりのメンバーでは全然進みませんでした…

f0142721_237989.jpg
f0142721_238193.jpg


一日目の作業も終わって晩御飯。22日がまさるの誕生日ということで焼き肉でした♪紗恵子さんお手製のケーキもいただきました♪なんで写真撮らなかったんだろう…食い意地が先行してしまいましたね。食いしん坊なので。はい。

二日目は朝は生憎の雨。作業はせずに朝ごはんを食べてから梨の袋かけをしました。2日目は夏ひめという少し早目に収穫できる品種です。若い木で、4歳くらいだそうです。
実はこの木、1回目の袋かけを1か月前にやった覚えがあって、あのときの小さな実がここまで大きくなったんだなぁと感動しました!ぜひぜひ収穫にも来たいですね!

午前中は途中から雨が降り作業が中断になっちゃって残念でした…
午後は晴れて本当によかったです。雨が降ると袋かけはできないのです。

初めてのことばかりのメンバーでしたけど、慎重に心をこめて作業させてもらいました。

f0142721_2535930.jpg
f0142721_2541987.jpg


帰りには、鳥取名産とうふちくわのお店に連れて行ってもらいました。
謎のゆるキャラに歓迎されました…

f0142721_2562379.jpg


つっこみどころが多すぎてもう何も言いません。
店内では様々な味付けのとうふちくわが売られており、試食もぐもぐしてきました。太るって言ったそこのあなた、覚悟なさい(違)

そんなこんなで秋山さんには今回もお世話になりました。
さとしがサンショウウオ育て始めていたのですがちゃんと育つかなぁ…?
また収穫の時期にお邪魔したいと思っております、これからもよろしくお願いします!!
ありがとうございました♪
[PR]
by noko-n | 2014-06-26 03:06 | 日本全国の農家さん | Comments(2)

箱木さん訪問 第2弾

6月20日~22日
訪問者 田中(農2) 岡崎(農2) 上杉(農2)
報告者 上杉(農2)

今回の内容は
ネットの固定
梅の収穫、選果
でした

まず1日目ですが、午前中はネットの固定をしました
f0142721_15530899.jpg

f0142721_15533128.jpg

落下した梅が隙間から落ちてしまわないように竹串でしっかり固定します

午後からは梅の収穫をしました
f0142721_15522234.jpg

f0142721_15564928.jpg


まだ青い大きな梅をたくさん収穫しました
青い梅で梅酒を作ると、熟したものよりも爽やかな味わいになるそうです

1日目はなんとかお天気がもって曇りでした
2日目は生憎の雨
朝から選果をしました
f0142721_15595452.jpg

f0142721_16001363.jpg

収穫した梅を、表面の状態や大きさで分けていきます

午後は雨のなか再び梅の収穫に行ってきました
自分達の手でとっていると、梅の一つ一つに農家さんの愛情がこもっているんだなあと感じられました

収穫はまだ始まったばかりでこれからどんどん忙しくなっていくそうです

お土産に梅とおいしい梅干しをいただきました

笑顔の絶えない箱木さん一家に癒された3日間でした
お世話になりました
[PR]
by noko-n | 2014-06-25 15:45 | 箱木さん | Comments(1)

芦田さん訪問 田植え

参加者 田窪(農4) 世古(農2) 前田(農2) 田中(農2) 山崎(農2) 大西(農2)
報告者 前田

連続での投稿、失礼します。

5/17,18に芦田さんを訪問させていただきました!
今回は主に田植えをしました。

17日
午前中から3時間ほどかけて、芦田さんのお宅の前にある田んぼにもち米の苗を植えました。
私にとっては、初めての田植えで、苗を植えることよりも、田んぼの中を移動することの方が大変でした(>_<)

この田んぼは粘土質な土で、保水力はよいが、田植えをするには足が抜けなくて、大変なそうです。

苗を植える前に、田んぼの準備をします。まず、直角定規と紐を用いて、田んぼを区分けします。
ここで、直角定規を用いるのは、平行に、正確に紐を張るためです。
この紐を張るという作業はとても重要で、難しい作業でした。

準備ができたら、いよいよ苗を植えていきます!
苗を等間隔に植えるために、写真に写っている道具を使います。
この道具は三角柱の各辺に5つの印が等間隔についていて、それを目印にして、苗を植えます。
前に進む時には、三角柱を転がして、次の辺の印を見て、植えます。

f0142721_17423698.jpg


このもち米は農交ネットで使わさせていただくことになりました。

田植えの後には、刈った草を集める作業をしました。


18日
17日で帰ってしまった田中くんと入れ替わりに、山崎くんと大西くんも加わって、他の田んぼでうるち米を植えました。また、この日は芦田さんの知り合いの方もいらっしゃいました。

この田んぼはもち米を植えた田んぼほど粘土質ではなくて、植えやすかったです。
2日目ということもあって、かなり早く田植えを終わらせることができました!

f0142721_17522753.jpg


おいしいお昼ご飯をいただいてから、午後はトマトの苗を植えるための畝の準備とトマトの定植をしました。

畝を平らにしておかないと、水がたまる場所ができてしまい、あまり良くないそうです。
17日に枯れ草を集めたのですが、軽トラックで草を集める時に、田窪さんがトラックで畝の中に突っ込んでしまいました。

そこで、この畝を平らにしてから、「キンカントマト」という種類のトマトを定植しました。
トマトはチリが原産らしいので、チリの方向を向くように(?)植えました。

また、支柱などを立てずに、地面に這わせて栽培するらしいです。

f0142721_17283755.jpg


今回の訪問では、田植えの大変さと昔の人々の偉大さを痛感しました。
そして、ご飯が本当においしかったです!

2日間、お世話になり、ありがとうございました!
[PR]
by noko-n | 2014-06-22 17:53 | 京都の農家さん | Comments(1)

箱木さん訪問 第1弾!

6月から7月にかけての毎週土日は和歌山県の梅農家さんの箱木さんを訪問させていただいています。
報告が遅くなってしまいましたが、今回は今年度の最初の訪問です!

6/6-8
参加者 前田(農2) 荒川(農2)
報告者 前田


今回の作業は、梅の収穫に先立ち、写真のように梅畑に青いネットを張ることです。
このネットを張ることによって、落ちてきた梅を一か所に集め、効率よく収穫できるようになります。

f0142721_1640332.jpg


まず、梅畑に固めて置いてあるネットを広げ、写真のように、ネットとネットの間を竹串で編んでいきます。

f0142721_16405344.jpg


この作業を土日の2日間、行いました。
今回は私たち農交ネットだけではなく、私たちと同じ京大農学部の方もいらっしゃっていました。
ふだん聞くことができないお話が聞けて、とても楽しかったです!

この時は南高梅の収穫はまだですが、古城という梅酒に向いている種類の梅は収穫できるそうです。

f0142721_16473762.jpg


この梅を頂いたので、梅シロップを作っています。
完成が楽しみです♪

これから毎週、箱木さんにお世話になります。
よろしくお願いします。
[PR]
by noko-n | 2014-06-22 16:50 | 箱木さん | Comments(1)
今年度は越畑にたくさん訪問させてもらっていますね!

りんご、もも、ぶどうと果樹をされている越畑は、この春から初夏にかけてがとても忙しいようで、ぜひぜひ手伝い来てほしいということでした。
いつも連絡をとらせていただいている大西さんはとてもやさしい方で、こんな風に言ってもらえると、もうどんどん来たくなっちゃいますねー


一部報告が遅れましたが、二回分の訪問を合わせて報告します!


5/24
メンバー:田窪、伊藤、荒川、千野、中谷(京女)

6/14
メンバー;見上、巽、千野

報告:千野


ところで、越畑には大学から車で行くのですが、今年の二回生は免許の取得率が悪いようで…。
今後のためにも、越畑までの道のりを覚えてくれるドライバーを募集中です!

最後の山道が結構な狭路ですが、、、まあ大丈夫ですよ。



さて、5/24の作業はりんごの摘果です。以前のブログで飯田が報告してくれましたね。毎回来るたびに、りんごの実は大きくなり、赤く色づいてきているのがわかります。

本日も脚立を駆使して、高いリンゴの木に挑みます。
f0142721_1641191.jpg

f0142721_16431097.jpg


この果樹園では摘果剤というものを使っています。

摘果剤を散布することによって、一つの部分で一番大きい実だけを残して、残りの小さい実は勝手に落ちていきます。薬が効いた実の軸は黄色くなっていて、手で触っただけでもポロって落ちるんですよね。このようにして摘果の効率を上げることができるんですね!


でも摘果剤を使うかは農家さんによってさまざまなようで、今年の春にのろまんさんを訪ねたときに、のろまんさんは手間でも摘果剤を使わずに人の手で摘果すると伺いました。

メリットの裏には、それ相応のリスクがあるのでしょうか?
状況に応じたやり方をすることが大事ということですね。




何枚かオフショットを…
f0142721_1705063.jpg

田んぼの水で髪を洗っている…わけではありません。
いわく、ここに寝て逆さまで遠くの山を見ると、ヨーロッパのアルプス山脈のような絶景が見れるそうです…


え、見たい?

じゃあ、ぼくもやってみましょう!
f0142721_1752983.jpg




そんな、のほほーーん雰囲気の中、今年もあいつが現れましたね、ヘビです!!
今年も?そう、去年も越畑で作業しているときに見つけたのです。

そしてそして、今年もあの御方が闘志の煮えたぎらせて捕獲に向かいます、去年と同じ光景です…
↓2014年度ver
f0142721_17152854.jpg


ちなみに、
↓2013年度ver(農交ネットの日々2013年6月の記事より)
f0142721_17205788.jpg


はい、そんな5/24でした、、、




続いて、6/14です。
りんごやももの作業は一段落ついて、今回はぶどう畑での作業です!

ぶどうの巻つるや脇芽をとっていきます。
脇芽をとるのは、その分の栄養を実のほうに回すためですね。

巻つるは、それがあることによってワイヤーにしっかりと絡み、固定されるという利点もあると思ったのですが、巻つるが自身の葉に絡みついたり、実がなるのを妨害することがあるためにとったほうがよいのです。

↓巻つるが葉を捕まえ、枯れてしまっています。こういうのを防ぐのですね。
f0142721_1732339.jpg

f0142721_1732521.jpg




ちなみに次回予告
今ブドウの実は下のように、一房に小さな実がたくさんついています。これを、一房20~30粒くらいになるように摘果をする作業をお手伝いする予定です。
f0142721_17351416.jpg


作業内容についての説明はだいぶ簡潔ですが、以上です。


最後に写真を数枚…
この前飯田がおそばとそばがきぜんざいの写真を載せてくれたので、今回はそばプリンです!
f0142721_17401427.jpg

f0142721_17382859.jpg



さあ、まだ行ったことがない方も、一度は足を運んでみては!?
[PR]
by noko-n | 2014-06-18 17:52 | 越畑 | Comments(0)

6月15日(日)、田鶴さんを訪問してきました!
参加者:千野(農2) 山崎(農2) 向(京教M1) 石川(農1)
報告者:山崎


新歓期もようやく終わり、少し落ち着いてきたこの頃。
この日の田鶴さん訪問も参加者4人と、平常運転的人数。

とはいえ、半分が新入生ってことでまだまだフレッシュな感じですね。
新入生にはたくさん作業にきてもらって早く農交ネットに慣れてほしいなぁ・・・。



作業はなすの誘引、一本勝負!!
3つあるハウスに果敢に挑みます!

最近は夏野菜の誘引の作業が多くあったからだいぶ作業慣れしてきたんじゃないかな?
たくさんのなすをひたすら誘引していきます。
f0142721_3183093.jpg

f0142721_319184.jpg

この日も気温が高い中でのハウス内の作業だったので、水分補給は欠かしません!
一時間に一回くらいのペースで休憩をとって、万全を期します。

大きな賀茂なすが実ってきていて、なすの枝もたわんでいます。
上方に伸ばすようにキュっ、と吊り下げてあげます。

ふぁーーむのナスたちも早く大きく育ってほしいなあ。


そんなこんなで4人で協力して午前中に1つのハウスの誘引を終えました。


お昼ご飯のときに、心臓を高鳴らせながら、W杯の結果を調べると・・・・
残念!!負けてしまいました・・・・。


さあて、気を取り直して午後の作業。
午後は残ったちのっちと僕の2人で残りのナスの誘引に挑みます。

新入生たちは帰ってしまったけど、見よ!!これが先輩となった僕らの意地!!
・・・というわけで午後も午前と同じ、1ハウス分を何とか誘引して、この日の作業を終えました。
f0142721_3192854.jpg


最後の方は僕もちのっちも話題も余裕もなくなって無言で作業していましたが、やり終えた瞬間の達成感は素晴らしかったですね!!
田鶴さんに「こんなに作業が進んでよかった!お前らのおかげだ!」って言ってもらえたことが何より嬉しかったです!!
納会で阿部さんが話していた、農家さんのありがとうが嬉しい、という話を思い出しました。






余談ですが、
田鶴さんとこんな話をしました。
今は出荷の基準が定められている上、スーパーでは店員さんと会話をして野菜を選ぶわけではないので消費者の野菜を見る目が育てられないということです。(出荷にサイズの基準があることには農家さんも悩まされています。)
よい商品を選べるような賢い消費者に自分はなりたいな、とは思いながらも、現状を鑑みて、力不足を実感した瞬間でもありました。

もっと野菜について学びたいな・・・。
[PR]
by noko-n | 2014-06-17 03:20 | 京都の農家さん | Comments(2)

秋山さん 5/24,25

もう梅雨入りして雨が降ったりやんだりと不安定な日が続いてますね。。。
農業にとっては恵みの雨ですが、やはり普段の生活では雨だと気分も少し下がり気味です。
そしてさらに困ったことに私は雨女なのです。もう、私の行く先々、雨、雨、雨・・・・。
だがしかし!1回生のときからずっと行きたかった秋山さん訪問ではいい天気でした!
私を打ち負かす、晴れ女、晴れ男が多かったんでしょうか?

5/24,25
参加者:渡辺さん(4)、兼近(2)、米村(2)、巽(2)
報告者;巽

f0142721_22291611.jpg


ところで、お気づきの方もおられるかもしれませんが、、、はい、すいません。
報告、先を越されました。私が遅すぎたのです、すいません。。。

気を取り直して、、、、、
土曜日の朝から作業スタート!
f0142721_2241798.jpg

まず、梨の摘果から。
たくさん束になってついている実から一つを残してあとを切ってゆきます。
そのとき、実の先っぽに花の名残がついていたらそれをとります。
ついたままだと、そこから湿気がきて果実がいたむそうです。
f0142721_2254434.jpg


そして、土曜日は午前中から鳥取環境大学1回生の女の子3人とともに作業。
鳥取環境大学の子達は、袋かけをしていて最初あまり話しませんでしたが、
お昼に、秋山さん特製のおいしい梨のすりおろし入りカレーをたべ、
楽しくおしゃべりしました!

午後からは私たちも袋かけに参加!!
実にひとつひとつ袋を付けていくのですが、初めての私にとっては、これは非常に
難しい!!
最初はやるのもおそいし、袋がくしゃくしゃになっちゃうし。。。。

日曜日はひたすら袋かけをしましたが、だんだん慣れてきてペースもあがってきました。
あと、実が大きいとやはりやりやすい。

f0142721_22553324.jpg


土曜日には、夕食も鳥取環境大学の子達と子供達と食べ、夕食前には一緒におにごっこも
しました(笑)  私は、、、疲れました、、、、(笑)
そして、鳥取環境大学の子達が帰った後には、、、子供達とまさかのきもだめし、、、(笑)
私、初のきもだめしでした。はい、案の定、まんまと驚かされましたよ、はい。。

農家さんは、天気に左右されながら、毎日朝早くからの作業、本当に大変だなと
当たり前ですが、あらためて実感しました。
私たちは、ほんの少しの間、作業を手伝わせていただいているだけだから、
それほど苦なく、むしろ楽しくできているんだろうなーと、、、
本当に農家さんはすごいなと思います。そんな農家さんと出会い、お話しし、
いろいろな話を聞けるのは、本当にいい経験だなと感じます。

秋山さん宅のおいしいご飯をいただき、多大の方、子供達と遊び話し、
もちろん秋山さんご夫婦ともお話しさせていただき、作業をさせていただき、
充実した日をおくらせて頂きました!ほんと、楽しかったです!!!
また行きたいです!!

今回は作業の内容を少なめにしちゃいましたが、、、
最後にぱしゃり。(少し暗いですが)
f0142721_239022.jpg

[PR]
by noko-n | 2014-06-14 23:24 | 日本全国の農家さん | Comments(2)
5月に入ってからから果樹をやっている農家さんは摘果やらに大慌て。
梨農家である秋山さんのところも、摘果と袋かけを手伝いに毎週のように訪問させてもらっていますね。

6/7,8の報告です。


メンバー:見上、千野、金廣(文2・見上のお友達)
報告者:千野

f0142721_23375288.jpg


今回も雨男っぷりを発動し、雨雲を引き連れてやってきた鳥取県八頭町。

今年に入って4回目の訪問ですが、雨が降らなかったことは一度もない次第。
去年の秋に通販でmy合羽を買った甲斐がありました…


土曜日の朝、新雪の摘果からスタート!
f0142721_23384577.jpg


去年に新雪の収穫に来たからわかるんですけど、この品種はとにかくでかいんですよね。その大きさは摘果の時期にすでに現れていました!
でもおかげで摘果はやりやすいんですよねー。

ちなみに去年とった新雪の写真↓
まさるの顔と同じくらいですよね笑
f0142721_2339133.jpg


朝食後は20世紀梨の摘果に行ってきました。
20世紀梨は見た目が命!なそうで、形の悪いもの、傷があるものは徹底的に落としていきます。

不思議だったのは同じ木でも実がたくさんついている枝とそうでない枝があるんですよね。
これは霜が関係しているらしいです。
あと実が少ないほうの枝についてる実は、軸が短くてブテッてしています。こういうのもあまり大きくなれないみたいですよ。


あ、ちなみに先日も来ていたみたいなんですけど、この日も鳥取環境大学の女の子5人が手伝いに来ていましたよ!

摘果作業中に聞こえてくる女子トークに、初めは男三人は戸惑いつつも、少し聞きつつも、お昼頃からは結構打ち解けて楽しく作業できました!


お昼のカレー、おいしかったです‼
f0142721_23395981.jpg



お昼からは葉っぱも乾いてきたので20世紀梨の袋かけの作業です。

でもはじめてまもなく、まさかの雨降り!!
雨が降って葉っぱや実がぬれていると、袋ののりがぬれてくっつかなくなり、袋かけは向いていないんです。
でも今年はホント二週間くらい遅れているみたいで、作業は続行。
じきに天気も回復したんで一安心、、、

f0142721_23575548.jpg



↓高いところは連係プレーですね笑
f0142721_23412018.jpg


夜はみんなでBBQをして環境大の人たちとはお別れ。
機会があればまた一緒に作業したいですねー
f0142721_23434045.jpg


次の日、朝6時起きで作業にいくと聞いてまだ寝ていた明け方、
突然の宏樹さんからの「おはよう!!」の一声 at AM 5:00。

半分頭が眠ったまま、昨日の新雪の摘果の続きへ。
でも朝仕事はやってみると、とても気持ちいいですよね!?
経験ある人ならわかるはず…

日中も前日の作業の続きをする感じで時間いっぱい作業をやってきました!



僕は今回袋かけの作業は初めてだったんですけど、スピードを重視するべきか、それとも正確さを重視するべきかすごく悩みました。さとしなんかは集中力を見せると、考えられないくらいのスピードでこなしていくけど、やり方は無作為なんですよね。
僕はなるべく枝になっている実の数のバランスを考えたり、黒斑がないかとかを見ながらやっていったので、スピードはかなり遅くなってしまいました。


どの農家さんに行っても、手際の良さってすごく大事だなぁって思うんですけど、慣れない僕らが無理にそれを求めても、かえって悪い結果がついてくるような気がします。
正直今回、もっと早くしなきゃって思うときもたくさんあったんですけど、自分のペースでできる限りのことをやるのが自分にとっても相手にとっても一番なのかなって思いました。




最後に、この前の梨の摘果の作業中に聞いていたラジオ番組で、なぞかけ講座をやっていたのを思い出して、なぞかけをしようという話になりました。

見上と金廣は文学部だし、そういうの得意だよね?
勝手に二人の作品を公開します。お題は「梨」で。

見上作:「梨」とかけまして「シベリア大陸」と解きます。
その心は、どちらも「とうど(糖度・凍土)」が大事でしょう。

金廣作:「梨」とかけまして「すし」と解きます。
その心は、どちらも「しゃり(擬音・米)」が大事でしょう。



ふ、以上(笑)
[PR]
by noko-n | 2014-06-13 00:14 | 日本全国の農家さん | Comments(0)