農業交流ネットワークの日々の活動内容について綴っていきます。


by noko-n

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

飯尾醸造田植えツアー!

こんにちは~!久しぶりの投稿になります、総人2回の藤岡です。
今回は、先週の飯尾醸造さん訪問の報告をしたいと思います~!

日程:5/23(土)・24(日)
メンバー:大石さん、野々下、田中、関谷、瀬底、山崎、米村、今川、木下、徳岡、藤岡

飯尾醸造さんは、農薬を使わないお米を原料にして米酢を作っているお酢屋さんです。
お米を購入するだけではなく、自分たちでお米も作っていらっしゃいます。

そんなお酢屋さんの田植えに今回参加してきました!

京都市内から車で約3時間。
自然豊かな宮津市にある見渡す限りの棚田!

早速作業開始。
二人一組になってロール状のマルチに穴を開けて苗を植えていきます。
f0142721_11112867.jpg

二人の呼吸が合わないとすぐにマルチがよれてしまうし、破れるしで、悪戦苦闘。。。

何度も田植えをされてる先輩たちのスピードに終始圧倒されてました笑
f0142721_11121927.jpg


そんなこんなで1日目が終了。

2日目は天気の崩れが心配されましたが、晴天に恵まれ、気温も上昇。
気温がぐっと上がったお蔭で、田んぼの泥が乾いてしまい、身動きが取れない!!


午後の残りの時間を使って、猪対策用の柵の設置も行いました!
田んぼを一周取り囲むように柵を設置。
f0142721_11155945.jpg


棚田で田植えをしたのは人生初!でした。棚田を生で見たのも人生初!でした。

規模の小さな田んぼが幾つも並んでいる棚田は、大きな機械が入ることの出来ない分作業が大変になるのかもしれませんが、棚田が連なっている光景は見応えがありました。
後世にもきちんと棚田の文化を残していける世の中でありたいな、と思いました。

f0142721_1116331.jpg

伊藤さん・今井さん始め、お世話になった皆さん、ありがとうございました!!
f0142721_11151917.jpg

[PR]
by noko-n | 2015-05-30 11:19 | 飯尾醸造ツアー | Comments(2)
初めまして。何気に初投稿な3回の岡崎です。
レポートに追われてたら遅くなりました。すみません。

日程:5月4日・5日
参加者:4日 岡崎(農3)、荒川(農3)
    5日向井(M2)、水島(農4)、藤木(工4)、山崎(農3)、巽(農3)
報告者:岡崎

GW中に、普段お世話になっている和歌山県みなべ町の梅農家である箱木さんのお手伝いに行ってきました。今回は梅干しの販売のお手伝いです。
さて、4日のお天気は雨。着いたとき既に小雨の状態で、お昼過ぎからはようやくお日様が見られました。そのため4日のお客さんは例年に比べて少なかったようで、最初は初接客ということで緊張していましたが、のんびりと接客することができました。
f0142721_12193463.jpg


販売されるものは、詰合せの梅干しの他に、500円の梅干しつめ放題です!お客さんに白干し、薄味、しそ、はちみつの4種類の梅干しの中から好きなものを選んで容器に詰めてもらいます。南高梅の大きさは普通の梅よりも大きく、普段お店で見かけるものより存在感があります。梅干しを隙間なく端から並べいれ、ふたが閉まらなくなるほど詰めていく様子は、噂で聞いていたものの、流石大阪!って思いました(笑)。時間があったので少し詰めさせていただきましたが、詰めすぎると形が崩れるし、案外難しかったです。また、毎回買いに来ていらっしゃる常連さんや顔をしかめながら味比べする子供たちなど、楽しく接することができました。
f0142721_12202843.jpg


また、今回から千円以上のお買い上げで、抽選もありました。外れなしで1等はなんと梅干し1年分!!毎日おいしい梅星が食べられるなんて羨ましいですね!!4日は2等が最高でしたが、これは梅干し10㎏!テント前のタルがインパクト大きかったです。

また、昼過ぎにはビラ配りもしました。万博公園に来たのは初めてでしたが、かなり広くて、色々な施設もあり、配りながら散策するのは楽しかったです。また、思っていたよりも興味を持って受けとってくれる方が多く、結構つめ放題の方にも来ていただけました。
そうそう、いつも高速から頭だけ見ている太陽の塔もちゃんと正面から見れました。

こんな感じで4日は比較的のんびり楽しみながらお手伝いをさせていただきました。

一方5日はというと、お天気も良く、朝から多くの人で賑わっていたようです。午前中だけで4日の売り上げを上回ったとか。ネッターの人数比もいい感じだったのではないでしょうか

箱木さん、お世話になり、ありがとうございました。
また収穫の時期にお手伝いに伺いたいです!

************************************

こんにちは、3回生の山崎です。
せっかくなので同じ記事で5日の報告も載せちゃおう!ということで記事ジャックです(笑)

5日は朝から夕方まで、すっきり晴れ!!
雨女の誰かさんがいるにも関わらず素晴らしい天気でした!

そんな天候のこともあり、お客さんは夕方まで途絶えることはありませんでした。
f0142721_15214320.jpg


僕以外は全員が販売経験者という完璧な布陣。
朝の呼び込みの効果があったのか、午前中から人でいっぱいになるテント!

僕は初めてでアタフタしてばかりでしたが、経験者の先輩の動きを見て、
真似していきます!
午後にはすっかり板について、立派な販売員の一員。
f0142721_15255497.jpg


それにしてもこのようなイベントにまでリピーターを持つ箱木さんのすごさを
改めて思い知った一日でした。
[PR]
by noko-n | 2015-05-28 12:22 | 箱木さん | Comments(0)

GW鳥取秋山さん訪問!!

どうもこんにちは、大竹です。
更新が遅くなってしまいましたがGWの秋山さん訪問の報告をしたいと思います。

日程:5月3日~5日
メンバー:渡邉(農M1)、西川(農3回)、石川(農2回)、大住(農2回)、大石(農2回)、松岡(農2回)、大竹(農2回)

今回はGW中ということもあり、鳥取環境大学の方も来られるという話だったので交流もかねて大人数での訪問になりました!

1日目の前半の作業は男子は杉の木(?)の伐採、女子はワラビの収穫でした!
男子のほうの写真しか有りませんがこんな感じ
f0142721_23333772.jpg

梨の木の方に伸びている枝を梯子に登って手の届く限り切り落とすという作業です。
梨の木の畑の隣が山なのですが、熊が居るらしく梨を食べに来るそうです。
そこで地面付近ではネットをはるのですがそれでも熊はやってくる…
どうやら杉の木の枝を伝って梨の木に来ているらしいということで枝の伐採を行なっているそうです。
熊ってそんなに身軽なんですね…びっくりです笑

その作業がひと段落すると
次の作業は今回のメイン、梨の摘果作業です!
f0142721_23461230.jpg

秋山さんによる指導風景!
摘果初体験の人も多くみんな真剣に聞いていました

摘果作業の説明!!
梨の木は一箇所から8つの花が咲き実がなります
写真にするとこんな感じ
f0142721_23484470.jpg

でもこれだと栄養が分散してしまう上にお互いにぶつかってしまうので1つだけを残して後は切り落としてしまいます。
これがなかなか難しい。
真っ直ぐ上に向いている実や茎が短すぎると実が大きくなったときに折れてしまうからだめだとか、逆に長すぎてもダメ。次の作業である袋掛けがしやすい方向に実がなっているのを残すだとか色々条件があって悩みだすとなかなか決められない…
でも慣れてくるとハマッてきてスイスイ切りながら次に残すものを考えたり結構夢中で作業していました!

袋掛けの時に変なのが残ってたら、ノリノリでやってた僕のせいですすいませんm(-_-)m笑

まぁ作業はほとんど摘果でしたね
上向いて作業しているのがほとんどなので気づいたら腰と首がバキバキでした(笑)

休憩時間は人数もたくさんいるのでわいわい話したり、
ボンやクレをみて癒されたり
f0142721_0177.jpg
f0142721_013250.jpg

まさるとじゃれたり…
f0142721_021499.jpg

画像は渡邉さんvsまさる(笑)

2日目の夜には鳥取環境大学の方々との交流会として焼肉パーティもしました!!
新たなあだ名が生まれたり、意気投合する人と出会えたり、かなり盛り上がりました(^-^)
今回は今までの秋山さん訪問の中でもめちゃくちゃ楽しかったです!!
活動初参加の人もいたのですが楽しんでもらえたみたいで一安心です笑

また6月になったら袋掛けも行くのでぜひぜひ一緒に行きましょう!
[PR]
by noko-n | 2015-05-21 00:13 | 日本全国の農家さん | Comments(1)

森本さん訪問

こんにちは!2回生の阿部です~
だんだん夏に近づいてきましたね!嬉しくて何も考えずに外に出ていたらあっという間に日焼けしてしまいました…(腕時計の型がうっすら残っています)
というわけで、みなさん紫外線には注意しましょう。笑

さてさて、先日の森本さん訪問の報告です。

日程:5月9日~10日
メンバー:荒川(農3)、田中(農3)、阿部(農2)、石川(農2)、徳岡(農2)
報告者:阿部

森本さんは、兵庫県宍粟(しそう)市にお住まいのぶどう農家さんで、去年の冬から交流をさせていただいています。(詳しくは過去の記事を参照に。→http://nokonet.exblog.jp/23374851/ 写真も説明も盛りだくさんで、読んでいて楽しいのでぜひ!)
今回は2回目の訪問で、作業は主にぶどうの芽かきと稔枝(ねんし)を行いました。

ここで!
*芽かきとは?*

簡単に言えば間引きのようなものです。
育ちのいいものを選んで、それ以外のものを除いてあげることで
栄養分を分散させず、目的とする実に養分をより行き届かせることができます。
生育のバラツキを揃える、また、余分な数を減らすことで収穫期の手間を軽減できる、という側面もあります。

ぶどうの場合、木の主幹に、大体20cmごとに芽(やがて枝になります)が集中して生えているのですが、芽は芽でも弱いものと強いものがあります。(強いもの:軸が太く、タケノコ状でなかなか展葉しない/弱いもの:軸が細く、展葉が早い) また、枝の生え方も大事なポイントで、上向きに生えている芽、下向きに生えている芽、どちらも共に誘引しづらいので、主幹に対して横から生えている芽(誘引しやすい)を選別する必要があります。
f0142721_2213383.jpg

枝にはすでに蕾(花穂)がついていて、私たちがよく目にするぶどうの形のようなものができています。これが育ってゆくゆくはぶどうになるわけです。もちろんこの花穂の良さも芽かきの選ぶ基準になります。

他にも色々な基準があって、総合的に判断して、最終的には20cmごとの芽がたくさん生えている場所に2本だけ芽が残るようにします。
f0142721_22413.jpg


「2本?ぶどうってそんなに芽いっぱい生えてるん?」

と思った人!
ぶどうの木って、わさわさ芽が生えているんです。
(そして案外簡単に芽は折れてしまいます)
ぶどう狩りで見るぶどう園はこういった芽かきが終わった収穫期のものだからすっきりしているのですが…。初めてこの時期のぶどう園に行った私はびっくりしてしまいました。
その中でいいものをたった2本だけ選んで残す難しさ…。
優柔不断な人にとってはとても大変な作業でした。笑

f0142721_2215294.jpg

↑ちなみにBefore↓After  (心なしかすっきりしてますね!)
f0142721_22151371.jpg



そして残った芽は、誘引しやすいように稔枝(ねんし)してあげます。
f0142721_22162361.jpg

文字通り芽(枝)をねじる作業なのですが…
ねじっている途中に芽が折れてしまうこともしばしば。
折れやすさが裏目に出てしまいました。


このような感じで、作業自体はシンプルだったのですが、不慣れなこともあり1日半かけても全てを稔枝するまでには至りませんでした…(:_;)
作業中、ふと目をやると、すいすいーっと芽かきも稔枝も終えてしまう森本さんの姿が。流石でした。

ところでこの画像にある半透明の玉、何だと思いますか?
f0142721_22154224.jpg


実はこれ、ぶどうの分泌物だそうで、真珠玉と呼ばれています。
ぶよぶよでもなく、固くもない不思議な触感で、メンバー全員が何かの虫の卵だと思い込んでいたので、お話を聞いたときは衝撃でした。
余談ですが、分泌物と言えば、ぶどうの実の表面についている白い粉もそうですよね!
ブルームと言って、実の表面から水分が蒸発するのを防いでくれる、ろう物質です。
みずみずしさ―水分が命の果物にとって、欠かせない存在です。
食べても全然問題ないものなので、手に取った際にはブルームのあるものを選んでみてください。元気なぶどうのシグナルです!


そして、ぶどうの作業の他には、森本さんの自宅にある畑の見学をさせていただきました。
f0142721_22155389.jpg

前回のブログ記事で徳岡くんが詳しく書いてくれているので、詳しくはそちらを参照で!(上記のアドレスと同じです)
印象的だったのが、水田だった場所をぶどう畑に変えていたことです。
ぶどうは水はけのいい土壌を好むのに、元水田の場所だと水はけが悪いんじゃないかと思っていたのですが、畑に2列ほど、土を掘って溝をつくることで水はけを良くしているのだそうです。
たったそれだけで水はけが変わってしまうなんて…!というのが率直な感想でした。

他にも自然薯やこんにゃく芋を始め、ウドやタラ、ブルーベリーなどあまり栽培しているところを見ないものを見ることができて、とてもわくわくしました…!
f0142721_22191831.jpg

↑ブルーベリーの木
f0142721_2223222.jpg

↑ぶどうの新芽を棒に沿うよう誘導するために、小石をおもりにして吊るしています。(と、その様子を眺める楽しそうな徳岡くん)

ごはんでは森本さんお手製のこんにゃくや、自然薯、タラの芽の天ぷらなど滅多に食べられないものをたくさんいただいて、口がとっても幸せでした。
f0142721_22153228.jpg


その他には、とても雰囲気のいいコテージに泊まらせてもらって、そこで夜な夜な星空を眺めたり、森本さんのお孫さん(とってもキュートな姉妹です)と遊んだりして、とても充実した2日間となりました!

森本さん、大変お世話になりました。
次回は袋かけの作業の時期に訪問できたらいいですね。


*おまけ*

意外だったのですが、ぶどう畑のあちこちに大小さまざまなサイズのカエルたちがいました!人馴れしているのか、カメラや顔を近づけても動じませんでした…(゜゜)びっくり
カエルを見ていると、夏はもうすぐそこなんだなって感じがしますね(..)
f0142721_2274146.jpg

[PR]
by noko-n | 2015-05-17 22:22 | 日本全国の農家さん | Comments(2)