農業交流ネットワークの日々の活動内容について綴っていきます。


by noko-n

<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d:matcha訪問

こんにちは。京都はすっかり春めいちゃってにやにやが止まりません。藤田です。私は花粉症もないので春はもうただのパラダイスですね。今回は少し前の和束町のd:matchaさんのところへの訪問について、遅ればせながら報告したいと思います。

活動日 2月24日
活動場所 京都市相楽郡和束町 d:matchaさん
メンバー 尾風(農1)、谷垣(法1)、藤田(農1)
執筆 藤田

今回の作業はお茶にかける寒冷紗の下準備と柚子の定植でした。

まずはじめは寒冷紗の作業です。
抹茶の原料となる碾茶などの種類のお茶は一定期間日光を遮って育てる必要があり、寒冷紗がその日光を遮る役割を果たします。日光を遮ることにより旨味のもとであるテアニンが苦みのもととなるカテキンになってしまうのを防ぎます。

寒冷紗をつけるときはお茶の木の側面まですっぽり覆い、枝に洗濯ばさみで固定します。今回やったのはその洗濯ばさみを寒冷紗に取り付ける作業です。
f0142721_21254606.jpg

このように25mもある長い帯を広げて四辺に1m間隔くらいで洗濯ばさみを取り付けていきます。この作業はやりだしたら止まらなくなってしまうタイプの単純作業で、午後にも同じ作業をしたのですが、最後にはあと一本、あと一本!とみんな中毒になってしまっていました。

f0142721_21370204.jpg

その成果がこちらっ!これでも全体の3割ほどだそう…

お昼はd:matchaのカフェでごちそうになりました。

f0142721_21460966.jpg

以前にも登場したましまし麺

f0142721_21405359.jpg

と、おしゃんなピラフ♡
うわさ通りのおいしさでした♡♡
美味しいごはんをいただきながらお茶のこと、d:matchaのことなどなどたくさんの面白いお話を聞かせていただいたのですが、前回の訪問のブログとかぶるところもあるのと、少々長くなってしまいそうなので割愛…
気になる方はぜひ和束町へ。

おなか一杯になったあとは、ゆずの定植に向かいました。

f0142721_22074065.jpg

穴を掘って、堆肥をいれ、柚子の苗を入れて、土をかぶせます。
そのまわりに雑草防止のわらを敷いて完成です。
奇跡的に柚子が三本だったため、、

f0142721_22102247.jpg
オハル

f0142721_22105424.jpg
タミー

f0142721_22112490.jpg
ユノ(柚乃)
と命名。枯れたときと実ができたときはご一報いただけるそう…ドキドキ。

さいごに、お茶の飲み比べをさせていただきました。

f0142721_22183101.jpg

初めて感じるお茶の「うま味」。まるでお出汁を飲んでいるかのようでした。
お茶の種類によってはうま味が強かったり、少し渋みがあったりさまざまで、また、一番煎じと二番煎じでもがらっと違った印象になり、いろいろな楽しみ方ができます。

f0142721_22233965.jpg

集合写真!
写真は左から社長の奥さん、社長、ねったー×3、ちせいさん、あかさんです。
本当にお世話になりました!

[PR]
by noko-n | 2018-03-14 22:36 | 京都の農家さん | Comments(0)


春の嵐とともに静岡に行ってきました。一回生の谷垣です。
今回はM1の田中さんと農交ネットのOB・OGでありご夫婦でお茶農家をしている宇野さんを訪問しました!京都から浜松まで青春18きっぷを使い、私鉄に乗り換えて何駅か進み、そこで車で迎えに来てもらいました。所要時間は5時間ほど、のはずでしたが行きは強風で電車が遅れ、帰りは電車で二人とも寝過ごして逆走した(電車の折り返し運転)ため少し長い道中になりました。


作業内容:しいたけの菌打ち、化粧刈りなど


宇野さん夫婦は静岡県の春野町というところでお茶を栽培しています。一帯のお茶農家さんはほぼ有機栽培をおこなっていて、そこが最大の売りのひとつだそうです。
不勉強な私は有機栽培と無農薬の定義を取り違えていました。有機栽培の定義は無農薬かつ化学肥料を使わないこと。私はずっと無農薬栽培が有機栽培を含んでいると思っていました。
お茶は肥料を入れれば入れるだけおいしくなるものなので、有機栽培でそうしたおいしいお茶を作るのは難しいのだそう(化学肥料が使えないので!)。

f0142721_22051488.jpg
                       宇野さんの茶畑です。

今回は化粧刈り(五月の一番茶摘みの前に古い葉や茎が入らないように整える作業)を主にやりました。下の写真のような機械を使い、二人一組になってやります。
f0142721_22253610.jpg
慣れればうまく腕の力を抜いて機会を支えられるようになるらしいのですが、ひさしぶりに人を傷つけることができる機械(お茶の葉を刈り取る刃が高速で回転しているから当たり前)を持った私の腕は緊張していたようでその日のうちに筋肉痛が出る始末。次はこんなことにならないようにしたいです…。


また、大介さん(旦那さん)が現在進行形ですすめている個人の工場(お茶の葉を加工する場所、機械にはお金がかかるので複数の農家または組合で共同で出資・使用している場合が多い)を見せてもらいました。将来的にはここでウーロン茶と紅茶をつくり、販売の主力としていきたいのだといいます。
私がとても驚いたのは、土地と家を買い取ってほぼ自力でリフォームをしているというところです。
f0142721_22305746.jpg
                       小型の機械(共同の工場のものと比べれば)を実際に動かして説明してくださる大介さん

工場のとなりは見学に来た人がのんびりとお茶を飲めるスペースにしたいそうです。そして日本家屋の高い天井を生かして二階部分を作っている最中とのこと。こういう空間ってわくわくします!(しかしうまい具合に”2階感”を伝えられる写真をとれなかった)


もう一つ宇野さん訪問で印象に残ったのはお子さんの清ちゃん(小学1年生)と明ちゃん(2歳)とふれあえたことです。一人っ子且つ、いとこゼロ。この年代の子と接する機会がなきに等しく、どうすればいいのだろうと行きの電車の中でおびえていましたが、二人の元気さがそれをすべて吹き飛ばしてくれました。

f0142721_23051128.jpg
                       お昼ご飯を取りに戻る田中さんと明ちゃん

まどかさん(奥さん)の料理もめっちゃおいしかったです。ご飯の時間が毎回楽しみでした!黒豆を使った料理の再現に挑戦しようと思います。

最後に番犬のチャロの写真を1枚。彼もとても元気で田中さん曰く2年前とあまり変わりがないようです。
f0142721_23154606.jpg
                      菌打ちの作業中とても興味津々でちかくをうろうろしていました。今はひなたぼっこ中。


宇野さん、3日間ありがとうございました!農交ネットの昔のエピソードや就農までの道のり、春野町での暮らしなどいろいろなお話が聞けてとても楽しかったです。
また訪問したいです。






























[PR]
by noko-n | 2018-03-08 23:21 | 日本全国の農家さん | Comments(0)

1回生の山崎里実です。約1週間ぶりの登場です。またお前かとは言わないでください。

今回は、「農家さんのお手伝い」とはちょっと違う、「ふぁーむ」についての記事を書いてみようかなと思います。

ふぁーむとは、私たちがとってもお世話になっている上賀茂の農家さん、田鶴さんの畑の一画をお借りして、新2回生のふぁーむメンバーが主体となり、土づくりから収穫・販売まで自分たちでやってみる、という活動です。今年で6年目になります。

田鶴さんご指導の下、自分たちで考え、先輩方のアドバイスを受けながら、初めての野菜作りに挑戦しています。


2/28

【メンバー】日下、谷垣、田島、原、山崎

3/1

【メンバー】日下、藤田、山崎、伊東、武津


春ふぁーむでは種まきをしました!

f0142721_00022760.jpg

種をまくために畝に筋を切っていますよ~

f0142721_00024393.jpg

ふぁーむが管理するのはこの写真の手前二本の畝です。

マルチが張ってある部分は大根ゾーン。そのほかはほうれん草やからし菜など、種々の葉物類を蒔きました。

恵みの雨の夜をおいて種が落ち着いたら、畝にトンネルを張ります。野菜がある程度大きくなるまで、寒さから守ってあげるのです。

f0142721_00252524.jpg

畝に青いポールを挿していく→ビニールを張る→上からまたポールを挿してビニールが飛ばないようにする

f0142721_00251317.jpg

ポール挿しを頑張るみんなのアイドルたみーです♪


トンネルは張りっぱなしではなく、天気などを見ながら開け閉めするのだそう。

張り終わったときには、一丁前の畑ができた感じがして嬉しかったです。


別の畑では夏・冬ふぁーむに向けた準備も。

今回やったのは鹿柵建てです。この辺りは鹿が出ます。昨年度の冬ふぁーむは1月に鹿の侵入により作物が全滅してしまうという事態に・・・。このような悲劇を繰り返さないため、この作業は重要です。

f0142721_00435015.jpg

一部ですが無事張り終わりました!


2018年ふぁーむはまだまだ始まったばかり。これからも時々報告していこうと思うので、お楽しみに!



[PR]
by noko-n | 2018-03-02 20:03 | 農交ふぁーーむ | Comments(2)