農業交流ネットワークの日々の活動内容について綴っていきます。


by noko-n

<   2018年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんにちは。1回生の宮田です。
6
15日から18日(実際に作業をしたのは16日と17日)にかけて広島県三原市のぶどう農家、久和田さんのところでぶどうの摘粒作業をしました。
メンバーは、池さん(工3)・山崎さん(農2)・大和田さん(農1)・宮田(文1
4人でした。

f0142721_12432741.jpg
f0142721_12422731.jpg

摘粒とは、ぶどうの房がきれいな形にバランスよく、そして一つ一つの粒に栄養(色・味)がいくように余計な粒をハサミで落としていく作業のことです。
これがなかなか難しかったです。きれいな形にするためにどこをどう落とすか、こっちを落とすとこっちに空間ができてしまうし・・・。
久和田さんは「悩んだら最初にこうだと思ったのが大体正しいよ」とおっしゃっていましたが、自分の作業が商品の形を決める、と思うと責任重大で結構悩みました。

f0142721_12425537.jpg

ぶどうの木の下は日陰があり作業しやすかったです。


夜には、近所の元寿司職人の方が寿司を握ってくださったり、ジャージー牛の焼き肉をしたりととにかく豪華でした。とてもおいしかったです。
二日目の夜は17日は大和田さんの20歳の誕生日で、昨日に引き続きとても豪華な夕食でした。



f0142721_12440764.jpg
f0142721_12434439.jpg
f0142721_12441796.jpg



今回初めての泊まりでの作業でしたが、久和田さんを始め、いろいろな方とお話ができ、そして、久しぶりに他の人が作ったおいしいご飯を食べることができてとても楽しかったです。ありがとうございました。9月の収穫期にまたおじゃまします。よろしくお願いします。


5月18日の大阪北部の地震の影響で乗るはずだった高速バスが運休になりましたが、途中で車に乗せてくれる親切な方のおかげもあり、なんとか夜には京都に戻ってくることができました。




[PR]
by noko-n | 2018-06-26 14:13 | 日本全国の農家さん | Comments(0)

6/23-24 秋山家訪問

日程:6/23-24
メンバー:嶋田さん(農4)、桑原さん(農3)、佐竹さん(総2)、水谷(農1)
作業:梨の袋掛け

こんにちは。1回生の水谷です。さて、秋山家での活動報告です!

1日目。
さえこさんのゴールド免許のため、慎重な運転で秋山家へ。ジェットコースター好きの私としては是非ワイルドな通常運転も経験してみたいです。

天気は生憎の雨。ひろきさんが「誰が雨を連れて来たんやぁ〜?」とおっしゃっていましたが、、私です。私が犯人です。バイトの面接の日にも初バイトの日にも悉く雨に降られた女とは私のことです。「張り切ったときに雨が降るのかな」と優しい分析ありがとうございます、佐竹さん。どうやら、初宿泊作業ということで張り切りすぎたようです。

しとしとと雨が降る中、4人全員が初めての袋掛け作業を始めました。

青い実にひとつひとつ手作業で紙袋を被せて針金でとめていく…というのをひたすらに繰り返して行きました。実を探そうと葉をかき分けると葉を受け皿としていた雨しずくがポタポタッと落ちて…目を直撃。雨水の目潰しにビビりながら作業を続けました。。。

はじめに渡された200枚の紙袋をいちはやくかけ終えたのは嶋田さん。さすがです。最後は私でした…(4人みんな初めてだったからこそ悔しかったことはヒミツ。)

秋山ファームには、約3万個もの梨があるようで、200袋を掛けただけではまだまだ!結局その日は4人で2400袋をかけて作業を終えました。

夜は秋山さんご夫妻、一緒に作業をしていた小林さんとネッター4人の計7人で食卓を囲み、さまざまなお話を聞かせていただきました。暖かな団らんでとても心地よかったです。


2日目。
前日の雨が嘘のように晴れ渡った暑い日でした。袋掛けは慣れが肝のようで、前日よりも幾分か効率よく作業できたような気がします。ちなみに桑原さん云はく、掛け間違えた袋を外すのが一番虚しく時間がかかる、そうです。みなさんも掛け間違えにはご注意下さい。

以下、写真を掲載します。

f0142721_14451183.jpeg

f0142721_14445274.jpeg

f0142721_14230728.jpeg

栄養満点の美味しいご飯をお腹いっぱいいただき体を動かす、という充実した2日間でした。
初めての泊まり作業で至らない点も多々ありましたが、秋山ご夫妻の懐の深さと先輩たちのご助力で楽しく活動させていただきました!ありがとうございました!


[PR]
by noko-n | 2018-06-26 13:40 | 秋山さん | Comments(0)
メンバー:アンダーザサン(農2)、ざる(農2)、牛乳石鹸の回し者(農2)、クソコラ製造機(総人2)
日程:6月23日、24日
作業:完熟梅の収穫、選果


アンダーザサンに連れられてみなべにたどり着いた一行はなおこさんの美しさと優しさに胸をときめかせながら箱木家に向かいました。

今回の作業は完熟梅の収穫と選果。
今週は最盛期の一歩手前だそう。来週の皆さんがんばって。

梅の収穫は、完熟して落ちた梅を拾い集める作業。拾っても拾っても梅が落ちてくる中、英樹さんの「うしろを振り向いてはいけない。」の言葉を胸に、無心で梅を集め続ける19歳たち。僕らはもう、大人にならなきゃいけないんだ、、
f0142721_18553624.jpg

f0142721_18543013.jpg

雨の中低い木々の間を縫っての作業は運動不足の19歳たちにはなかなか堪えました。
二日目の朝、全然痛くないわーといいながら実は背中がバッキバキだったのは内緒。。

続いて梅の選果。未熟な梅と腐った梅をより分けます。
f0142721_18593439.jpg
f0142721_19002189.jpg
↑梅を洗浄してサイズごとにより分ける機械。
すみません、クソコラ製造機の魔の手がこんな所にまで、、


《before》
f0142721_19012406.jpg

《after》
f0142721_19052471.jpg



天使に見放されし未熟な梅と悪魔に呪われし腐った梅をよりわけていく。ベチャという腐った梅がコンテナに落ちてゆく音は、まるで悪魔の断末魔のようにも聞こえるのであった。そうして綺麗な梅だけが洗浄される。というわけでもなく、やはり悪魔の手から逃れるのは至難の業なのであり、綺麗な梅の中に混じってしまった選果しきれなかった綺麗でない梅は梅干しになった段階で改めて箱木さんの手によって排除される予定である。


はっ、、!あれ?私今なんか言ってました??

以下写真集。
f0142721_19062137.jpg
ネッターいちのナイスガイ、アンダーザサン。(英樹さん調べ。)

f0142721_19073119.jpg
キャベツと指を間違えられる牛乳石鹸の回し者。

f0142721_19094155.jpg
最も梅干しが近い席を求めて毎回真ん中を陣取るざる。

f0142721_19112165.jpg
はい、かわいい。

f0142721_20331902.jpg
はい、かわいい。

f0142721_18501415.jpg
ただの自慢。

と、ブログては伝えきれないですが箱木家のみなさん、楽しい時間を本当にありがとうございました!


[PR]
by noko-n | 2018-06-24 18:46 | 箱木さん | Comments(0)

6/16.17 箱木さん訪問

こんにちは。一回生の坪田です。
6月16.17日に、和歌山県は田辺市みなべ町、梅農家の箱木さんを訪ねました。ここは南高梅の生産地で、あたり一帯はみんな梅農家さんです。
メンバーは 岩男さん(農4)、土井原さん(農4)、田島さん(農2)、坪田(農1) の女子4人でした。

させていただいた主な作業は以下の4つです。

・落ちた梅をひらう
梅の木が生理的に落とした梅の実を拾って集めます。地面にネットが敷かれているので、落ちても傷つきにくく拾いやすいです。
f0142721_09083249.jpeg
・青梅を摘む
木にたわわになった梅の実を収穫します。はしごに登り枝の中に入り込んでぷつぷつ摘んでいくのが、とてもおもしろかったです。
f0142721_09101274.jpeg

・選果
収穫した梅を選り分け、等級ごとに分類します。専用の機械を使います。
f0142721_09105225.jpeg

・箱うち
出荷用の箱を組み立てます。
f0142721_09111736.jpeg


作業の合間やごはんの時には、箱木さんからネッターの方々のおもしろいお話を聞かせていただきました。「自然の中で農作業していたら、自然とそうなる」という人の摂理をも説いてきただきました。

こちらはいただいた晩ごはんの写真です。なんとサザエが食べ放題!でした。ご馳走様でした!
f0142721_09115082.jpeg

今回の訪問では、梅を存分に摘み、ありがたいお話をきき、美味しいごはんをいただいて、とても楽しかったです。ありがとうございました!
f0142721_09122450.jpeg

[PR]
by noko-n | 2018-06-22 22:39 | Comments(0)

夏ふぁーむ 活動報告

お久しぶりです、2回生の伊東です。
遅ればせながら夏ふぁーむの近況を報告させていただきますm(_ _)m

連日誘引やわき芽取り、雑草抜き、追肥など様々な作業に追われ、夏野菜は春野菜に比べ手がかかるなあと感じております。忙しい大学生活を送る我々をお野菜たちが待ってくれるはずもなく、畑に行くたびにぐんぐん茎を伸ばし実をつけていて焦っちゃいますね(^_^;)
f0142721_13592963.jpeg
わさわさ

では早速今年のふぁーむ夏野菜のラインナップをご紹介しましょう!!

f0142721_14002307.jpeg
りっぱな賀茂茄子

f0142721_14010835.jpeg
たわわなプチトマト

f0142721_14014062.jpeg
かわいいオクラ

f0142721_14022221.jpeg
つやつやピーマン

f0142721_14035974.jpeg
仰々しいズッキーニ

他にもししとう、しそ、枝豆、キュウリ、水ナス長ナス千両ナス、ゴーヤ、トウガラシなどを育てています!

すでに収穫・販売は始まっていて、自分でもふぁーむの野菜を食べるのですが、とても美味しくて驚きです。この美味しさを一人でも多くの人と共有したい、味わってもらいたい!!と思うのですね٩( ᐛ )و

ということで、毎週火・金曜日のお昼頃、京大農学部北門前で個性豊かなふぁーむメンバーが朝収穫した夏野菜を販売しています:) ぜひぜひお立ち寄りください!!


[PR]
by noko-n | 2018-06-22 14:08 | 農交ふぁーーむ | Comments(0)

小豆島訪問6月

こんにちは。一回生にして小豆島二度目の太田です。今回は6/1618に、小豆島のオリーブ農家、高尾さんのところへ作業に行きました。

メンバーは荒川さん(農M2)、服部さん(文M2)、桑原さん(農3)、丸山さん(農2)、岡田さん(農2)、清水さん(文1)、湯谷さん(総人1)、そして太田(農1)の8人です。

f0142721_11524606.jpg

三日間、基本的に午前中はアスパラの収穫をお手伝いしていました。(高尾さんはオリーブだけでなく、いろいろな作物を育てていらっしゃいます。)アスパラ用の特別なハサミでチョキチョキ切っていきます。このハサミ、針金の棒が上に伸びていて棒に合わせれば出荷するのにちょうどよい長さのアスパラが切れる優れものです。(写真、わかりにくくてすみません。)取れたてのアスパラは本当にみずみずしく、切り口から水分が滴って甘いにおいがします。生でもおいしい!

ほかにも様々な作業をさせていただきました。

f0142721_11511199.jpg

1日目の午後は麦刈りでした。高尾さんが試みで育てていたセモリナが収穫期を迎えました。隅のほうは鎌で手刈りして、それ以外はコンバインを入れます。コンバインは全自動で地面の麦を刈り、小麦粒とそれ以外をわけていきます。私たちも乗せてもらいました。ゴンゴン揺れながら進みます。楽しい、かっこいい! 農機、好きになっちゃいました。今回収穫した小麦はパスタになるそうです。

f0142721_11533757.jpg

2日目はトマトの脇芽取りをしました。温室の中は蒸し暑いけど脇芽はプツプツと取れるので結構おもしろいです。トマトは収穫もしました。真っ赤で甘いトマトです。高尾さんにいただいた取れたてトマト、驚くほど美味しかったです。

f0142721_11531983.jpg

それからオリーブ園の草刈りもしました。背の高い雑草がおい茂るので大変な作業です。固い茎の草も多く、へとへとに疲れます。でもそのうち、合唱大会が始まって。そしたら作業が楽しくなりました。農作業中に歌う民謡が世界各地にある理由を痛感いたしました。

f0142721_11511063.jpg

高尾さんの知り合いの農家さんに大きなスイカをいただきました。甘い果汁たっぷりのスイカです。夢中でかぶりつきました。夏ですね。あんなにたくさんのスイカを食べられて幸せです。

18日の朝に地震がありましたが、小豆島は京都ほど揺れず、被害はほとんどありませんでした。交通機関の停止が不安でしたが、先輩の英断のおかげで無事帰宅することができました。

今回の小豆島は盛りだくさんで色々なことがありましたが、良い経験になることばかりでした。ありがとうございました
[PR]
by noko-n | 2018-06-21 12:03 | 小豆島 | Comments(0)

6/9-10 箱木さん訪問


6/9-10の土日に箱木さんのもとを訪れ、農作業を手伝わせていただきました、一回の
黒瀬です。メンバーは山崎さん(二回)、升野さん(三回)そして僕の三人でした。活動内容は、梅を地に潜む分解者から守るための網を敷いたり、逞しく育ってしまった雑草を刈り取ったり、早くに落ちてしまったかわいそうな梅を選別したりしました。
f0142721_23511165.jpg

以下、感想を述べます。時系列順に並べてあります。

行きの車(わざわざバス停まで迎えに来てくださいました)で見た山々の人工林に心を打たれました。正確にはその杉やら檜やらを植えたであろう過去の人々の苦労を感じ心を打たれました。

梅の収穫用の網に心を打たれました。正確には効率よく梅を集めるために網を使うことを思いついた人に心を打たれました。


雑草の断末魔に心を打たれました。正確には機械で雑草を刈り取るときの轟音に心を打たれました。

箱木さんの家の居心地の良さに心を打たれました。ありがとうございました。
f0142721_23500972.jpg
すみません、実はブログを作るのは初めてで不快な文章を並べるだけになってしまいました。

次回はもう少しブログらしいブログを書けるように精進します。

[PR]
by noko-n | 2018-06-18 23:52 | 箱木さん | Comments(0)

秋山家訪問 2018 6/2.3

こんにちは、ブログ初投稿でドキドキしている一回生の服部と牧です。今回は6/2〜6/3で行った秋山家訪問の報告です。

メンバー:谷垣さん(法2)、服部(農1)、牧(農1)
一回生2人は今回が初めての泊まり作業ということでとても緊張していました。

2日の昼頃に到着し、昼ごはんを頂いた後、梨の袋掛けをしました。
f0142721_13370908.jpg
慣れない作業で、一回生2人は悪戦苦闘していましたが、その隣で作業していたさえこさんのスピードに圧倒されました。熟練した技術が必要なようです…笑

夜は美味しい晩御飯をいただきながら、秋山さんと谷垣さんから過去の農交ネットのお話をたくさん聞いて歴史を感じました。


3日は朝から梨の摘果をしました。和気あいあいとした雰囲気で楽しく作業することができました。
摘果した実を試しに食べて見ましたが、まだ苦かったです。あの実が収穫のときにどうなっているのか、楽しみです。

作業は以上こんなかんじでした。
とても楽しい二日間でした。秋山さんありがとうございました。
f0142721_13554024.jpg




[PR]
by noko-n | 2018-06-06 13:21 | 秋山さん | Comments(0)